資源循環EXPO 出展のご案内

2021年1月12日

レントの独自技術BRSでバッテリー運用の最適化をご提案

 

展示会イメージ

バッテリーの長寿命化・メンテナンス効率の改善に貢献

レントは、「スマートエネルギーWeek2020 第3回資源循環EXPO」に出展いたします。レントグループの独自技術、「BRS(バッテリー再生システム)」を活用いただくことで、バッテリーの長寿命化・トラブル防止・点検省力化など、お客様のバッテリー運用効率の最適化につながります。
ぜひ、当社ブースへお立ち寄りください。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

開催日時

2021年3月3日(水)~5日(金)

10:00~18:00

(最終日は17:00まで)

開催場所

東京ビッグサイト(東京国際展示場)
南展示棟

ブース番号:S2-17

入場方法

入場には

招待券と名刺2枚を    

ご持参ください。

こちらのバナーより招待券をお申込みの上、レントブースへご来場のお客様には記念品をご用意しております。

なお、本展示会における感染症予防については、日本展示会協会のガイドラインに従い、十分に注意して会場運営をおこなってまいります。

ご来場のお客様におかれましても、マスク着用などのご協力をお願いいたします。

バーチャルブースも2週間前から開設!

会期の2週間前より資料閲覧やオンライン商談予約が可能なバーチャルブースを開設予定です。

会期中は、担当者とのビデオ商談やチャットも可能です。

リアル会場へのご来場が難しいお客様も、ぜひ、お気軽にバーチャルブースへご来場くださいませ。
バーチャルブースの開設については、後日お知らせいたします。

唯一無二の特許技術BRS(バッテリー再生システム)とは

 

鉛バッテリー再生イメージ

鉛バッテリーの劣化メカニズムを逆行させる独自の特許技術

鉛バッテリーの劣化過程で発生する「サルフェーション」を、独自の技法を用いて効果的に除去。分子構造レベルで、バッテリーを劣化前の状態に戻します。日本工業規格(JIS)に準拠した評価試験で、バッテリー能⼒を正確に数値で把握できます。

正確なバッテリーの状況把握により、最適な更新・メンテナンスの対応が可能

BRS技術により定期的なバッテリー劣化判定をおこない、その状況に応じて最適な再生措置や交換対応などのサービスをご提供します。
バッテリーの状況を正確に把握することで、最適な更新対応、トラブル防止措置・点検作業の定型化・省力化が可能になります。

非常用バッテリーの運用最適化

定期的な精密診断と再生作業のご提案

非常用バッテリー再生作業イメージ

比較的緩やかに劣化進行する一方、万一の際には確実に作動することが求められる非常用バッテリー。
年に1回程度、セル単位の精密診断と保守整備を定期的に実施することで、常に適正状態を保ちます。
充分な機能を維持しつつ、点検体制の簡略化やコスト削減など、お客様の業務効率を大きく改善できる可能性があります。

フォークリフトなど産業車両用バッテリーの運用最適化

現場で簡単!可搬型バッテリー自動再生装置 ビーティーリフレ

ビーティリフレは、BRS技術を活用し、再生前充電能力の数値把握→バッテリー再生→回復後の数値把握を自動でおこなう装置です。
全自動運転で、操作はシンプルで簡単。所要時間は全工程で35~45時間と短時間です。
レンタルでご提供しますので、バッテリーの状態把握と再生作業が、お客様の現場で、どなたでも簡単におこなえます。