事故・盗難・破損の補償車両・自走式機械のサポート

車両(登録ナンバー付き)

サポート範囲は車両の運行・使用・管理に起因して発生した自動車事故です。
高所作業車は、バケット搭乗中、急激・偶然・外来の事由で死傷した事故もサポート範囲内です。

商用車・乗用車

対象機械 補償区分 サポート金額(限度額) お客様負担金額
  • 軽ワンボックス
  • ライトバン
  • ワンボックスバン 他
対人賠償 無制限 0円
対物賠償 無制限 5万円
人身障害 3,000万円 0円
車両 実損害 5.4~7.56万円

※レンタカーフランチャイズ車両は運用が異なります。詳細はお貸しした店舗へお問い合わせください。

パネルトラック

対象機械 補償区分 サポート金額(限度額) お客様負担金額
  • パネルトラック
  • ウイングトラック
  • 冷凍車 他
対人賠償 無制限 0円
対物賠償 1,000万円 5万円
搭乗者障害 死亡 1,000万円 0円
入院 15,000円/日 0円
通院 10,000円/日 0円
車両 実損害 5.4~10.8万円

ダンプ・トラック・特殊車両

対象機械 補償区分 サポート金額(限度額) お客様負担金額
  • ダンプ
  • 平トラック
  • クレーン付トラック
  • ダブルキャブ
  • 散水車 他
対人賠償 無制限 0円
対物賠償 1,000万円 10万円
搭乗者障害 死亡 500万円 0円
入院 7,500円/日 0円
通院 5,000円/日 0円
車両 実損害 5.4~16.2万円

バイク

対象機械 補償区分 サポート金額(限度額) お客様負担金額
  • バイク
対人賠償 無制限 0円
対物賠償 1,000万円 3万円
搭乗者障害 死亡 500万円 0円
入院 7,500円/日 0円
通院 5,000円/日 0円
車両 実損害 2.16万円

高所作業車

対象機械 補償区分 サポート金額(限度額) お客様負担金額
  • スカイマスター
  • スカイデッキ
  • トンネル点検車
  • 橋梁点検車 他
対人賠償 無制限 0円
対物賠償 1,000万円 10万円
搭乗者障害 死亡 500万円 0円
入院 7,500円/日 0円
通院 5,000円/日 0円
車両 実損害 10.8~21.6万円
バケット内搭乗者傷害 死亡 2,000万円 0円
入院 3,000円/日 0円
通院 2,000円/日 0円

自走式建設車両(登録ナンバー付き)

対象機械 補償区分 サポート金額(限度額) お客様負担金額
  • フォークリフト
  • ホイルローダ
  • アスファルトフィニッシャー
  • タンデムローラー 他
対人賠償 無制限 0円
対物賠償 1,000万円 10万円
搭乗者障害 死亡 500万円 0円
入院 7,500円/日 0円
通院 5,000円/日 0円
車両 実損害 5.4~27万円

自走式機械

サポート範囲は現場内において操作・管理中誤って第三者の身体及び財物に損害を与えた事故です。
高所作業機は、バケット搭乗中、急激・偶然・外来の事由で死傷した事故もサポート範囲内です。

自走式高所作業機

対象機械 補償区分 サポート金額(限度額) お客様負担金額
  • スカイブーム
  • スカイZ
  • スカイリーチ
  • スカイタワー 他
対人賠償 1事故/1億円
(1名/5,000万円)
5万円
対物賠償 1,000万円 5万円
車両動産 実損額 5.4~16.2万円
バケット内搭乗者障害 死亡 2,000万円 0円
入院 4,500円/日 0円
通院 3,000円/日 0円

ゴンドラ

対象機械 補償区分 サポート金額(限度額) お客様負担金額
  • ゴンドラ
対人賠償 1事故/1億円
(1名/5,000万円)
5万円
対物賠償 1,000万円 5万円
車両動産 実損額 16.2万円
バケット内搭乗者障害 死亡 1,000万円 0円
入院 4,500円/日 0円
通院 3,000円/日 0円

自走式建設車両(登録ナンバー無)

対象機械 補償区分 サポート金額(限度額) お客様負担金額
  • フォークリフト
  • ミニクレーン
  • バックホウ 他
対人賠償 1事故/1億円
(1名/5,000万円)
5万円
対物賠償 1,000万円 5万円
車両動産 実損害 5.4~21.6万円

注意事項

  1. お客様(元請、下請を含む)側で、現場の保険(請負業者賠償責任保険、土木・建設工事保険等)が付保されている場合は、現場の保険を優先していただくことになります。
  2. 事故報告が1ヶ月以上遅延しますと、お支払いできない場合があります。
  3. バケット(高所作業台)内の搭乗者損害のサポート金額は定員までです。
  4. 搭乗者傷害のサポート対象は当該車両の乗車定員が限度となります。
  5. 搭乗者傷害は正規の乗車装置のある場所に搭乗中、運行に起因する事故により死傷または後遺障害を負った場合のサポートですので、荷物の積み下ろし作業中やトラックの荷台より誤って落下したなどの事故はサポート対象外です。
  6. 搭乗者傷害の入通院サポートは、手術費用や入院費用に関わらず入通院日数に対し定められた金額を支払するサポートです。
  7. 搭乗者傷害のサポート期間はいかなる場合においても事故日を含めて入院の場合は180日・通院の場合は90日をもって限度とします。
  8. 事故によって死亡した場合でも、死亡診断書の死因が病死とされている場合には搭乗者傷害は適用されません。
  9. 搭乗者傷害の通院日数や支払金額の認定につきましては担当保険会社の判断となります。