出庫車両検知システム
カーデル

出庫車両の接近を検知・警告!

出庫車両検知システム カーデルは、車両が工事現場出入口から車道へ出場する際に、一般車両や歩行者との接触事故を防止する検知・警報システムです。車両の接近を瞬時に通知できるため、現場の安全性が向上します。

カーデルは、車両検知用のパッシブセンサーとセンサー制御ボックス、警告用のパトランプと回転灯制御ボックス、12V電源変換ボックスから構成されています。
車両が発する(反射する)赤外線をセンサーが感知することで信号を発信し、パトランプの光と音で注意喚起をおこないます。

「現場から出る車」だけを検知、警告

センサーには方向判別機能別付パッシブセンサーを使用。センサー単体で車両の移動方向を判別できるため、入庫車両は検知させず、車両が出庫するときにのみ信号を発することが可能です。
工事車両出口付近にセンサーを設置し、場外に設置したパトランプで、付近の歩行者や一般車両に対し、工事車両の接近を通知し注意を促します。

通信距離最大100m

センサーとパトランプユニットの通信可能距離は、見通し良好の場合、最大約100m。
通信には特定小電力無線を使用しているため、通信配線工事が不要で断線のリスクもありません。

さまざまな現場で活躍します

・見通しの悪い工事現場などの車両出入口付近
・工事車両の出入り、一般車両や歩行者が多い場所
・交通誘導員を配置できない工事現場
・看板のみで交通の注意喚起をおこなっている現場
・片側交互通行路
・田園型事故が想定される見通しのよい交差点
etc…

NETIS登録技術だから、加点が望める!

この商品は、国土交通省により運用されるNETIS(新技術情報提供システム)に登録された技術を搭載しています。
施工者が活用すると、工事成績評定や総合評価方式の入札において加点の対象になります。

≫NETIS制度の詳細はこちら

仕様表・概要

商品コード 245798
商品名 赤外線車両検知システム/カーデル
メーカー エコモット
型式 CDK-1000B
電源(V) AC100
商品構成 パッシブセンサー×1、センサー制御ボックス×1、
パトランプ×2、回転灯制御ボックス×2、
12V電源変換ボックス×2
パッシブセンサー:型式 PS-1A
パッシブセンサー:検出距離方式 パッシブインフラレッド方式
パッシブセンサー:検出距離(m) 1~5
センサー制御ボックス:型式 CDK-100A
センサー制御ボックス:電波到達距離(m) 約100(見通し距離)、受信推奨距離 約30
パトランプ:型式 FPA-10BA
パトランプ:音圧レベル(dB) 最大105
回転灯制御ボックス:型式 RLB-10A
回転灯制御ボックス:受信可能距離(m) 約100(見通し距離)、受信推奨距離 約30
回転灯制御ボックス:警報出力 12V用パトランプ電源
12V電源変換ボックス:型式 ACP-12C
12V電源変換ボックス:備考 回転灯制御ボックスに接続
NETIS登録番号 HK-10022-VE

※カーデルは低速車両検知専用であり、最大時速30km未満のみ検知が可能です。
※徐行車両のみならず、人体の発する赤外線等も感知することがあります。誤動作を防止するには、歩いてセンサー前(正面5m以内)を横切らない・センサー取り付け高を2m以上にするなどの工夫が必要となる場合があります。
※単管パイプはレンタル品に含まれません。お客様でご用意ください。