鋼材判別器 サムスチールチェッカー

SAM STEEL CHECKER
鋼材判別器 サムスチールチェッカー

あなたがお使いになる鋼材の材質に間違いはありませんか?-異材混入を防止するために-

鋼材の電気抵抗率を測定することによって、間接的にその鋼材の化学成分を確認し、材質判別をおこなっています。

サムスチールチェッカーの3つの特徴

  • 非破壊で測定可能
  • ポータブル
  • 熟練不要(1回の測定時間は約5秒)

サムスチールチェッカーはこんな時に使います

  • ミルシートと鋼材現品との一致を確認したいとき
  • 切断した鋼板などが切断前と同一材であることを確認したいとき
  • 材質の異なる鋼材を仕分けしたいとき
  • 材質不明の鋼材の材質を確定したいとき
    (鋼材JIS規格のSS400とSM490の2種類を判別など)

サム・スチールチェッカー M-100型

旧製品であるサムスチールチェッカー(M-100型、D-100型)は(財)日本建築センターの検査機器性能評価委員会から評価を受けており、本製品はそれに準拠した製品です。

※ すべての商品は点検後、出荷いたします。※ お客様のご希望により別途、検査成績書の発行が可能です。(有料)

仕様表

商品コード 245885
商品名 サムスチールチェッカー
メーカー 立花エレテック
メーカー名称 鋼材判別器 サムスチールチェッカー
型式 D-200
表示方法 デジタル表示式
外形寸法 (mm) 140×200×60
重量 (kg) 約2.4(本体およびプローブ)
電源 バッテリー内蔵
仕様温度範囲 (℃) 0~+40
測定鋼材温度 (℃) 5~+35
保存温度範囲 (℃) -10~+50
湿度 (%RH) 80以下
連続測定回数 (回) 5秒測定で300
測定可能範囲 軟鋼からステンレスに至る各種鋼材および合金
構成品 本体、プローブ、バッテリ(本体内蔵)、ケーブル(プローブ用、AC電源用、DC電源用)、
キャリングケース、専用充電器、標準サンプル(2種)、棒やすり、サンドペーパー

測定にあたっての注意事項

  • 鋼材表面の黒皮・錆を除去すること。
  • 測定箇所の水ぬれはふき取ること。
  • 鋼材に交流電流が通電していないときに測定すること。
  • 鋼材温度が5~35℃の時に測定すること。
  • 同一箇所で3回以上測定した値の平均値を取ること。
  • 測定箇所の鋼材厚さは2mm以上であること。
  • 測定箇所として急熱急冷された部分を避けること。
  • プローブの取り扱いは慎重におこないセンサー針を折損することないよう注意すること。