超小旋回ミニバックホウ クレーン付き

超小旋回ミニバックホウ クレーン付き

掘る・吊る・埋める!1台3役で作業効率向上

バケットリンク内に収納可能なフック

収納可能なフック

「掘る・吊る・埋める」の1台3役をこなし、管埋設工事、上下水道工事、道路工事の側溝設置、河川工事など、吊り作業を必要とするさまざまな現場で活躍します。
「移動式クレーン構造規格」「クレーン等安全規則」に適合した構造と安全機能を装備し、高い作業効率と安全性を確保しています。

車幅からはみ出しが少ない超小旋回

ボティの後端およびフロント最小旋回半径(バケットを上部で抱え込んだ最小旋回姿勢での旋回半径)が共にクローラ幅に収まり(※)、作業空間に制限のある路上など狭い現場に最適です。
はみ出しがなく、周りを気にせず作業に集中でき、接触による損傷も少なくなります。
※クローラ幅の120%以内

公共工事に有利!NETIS登録技術搭載

オートアイドル機能付きバックホウ
登録番号:KK-120076-VE

燃料削減約10%燃費効率を向上するオートアイドル。操作の手間を解消し、燃費向上に寄与。燃料を約10%節約し、CO2排出量および騒音を低減します。

燃費効率を向上するオートアイドル

操作レバーを中立に戻すと、4秒後にエンジンがアイドリング状態となるオートアイドル機能を搭載しています。
従来は、必要時にその都度、手動によるアクセルレバー操作でエンジンをアイドリング回転にしていました。
オートアイドル機能は、作業が中断されると自動でアイドリング回転になり、再び操作レバーを動かすと即座に元のエンジン回転数に上昇します。
操作の手間を解消し、燃費向上に寄与。燃料を約10%節約し、CO2排出量および騒音低減にもつながります。
騒音総量が低減できるので市街地や夜間の作業も安心です。

オートアイドル機能

オートアイドル機能

燃料消費量比較

燃料消費量比較

NETIS登録技術の活用で加点が望めます

工事成績評定に最大3点の加点

試行申請型(請負契約締結後提案の場合)および施工者希望型の公共工事のにおいて、施工者がNETISに登録された技術の活用を提案し、実際に工事で活用された場合、活用の効果に応じて工事成績評定での加点の対象となります。

「有用な新技術」や「事後評価未実施技術」は、従来の技術と同程度の効果であっても1点の加点。
登録番号:KK-120076-VE
「有用な新技術」とは?

公共工事などにおける新技術活用システム実施要領で定める「推奨技術、準推奨技術、評価促進技術、活用促進技術、活用促進技術(旧実施要領)、設計比較対象技術(旧実施要領)、少実績優良技術(旧実施要領)」です。

総合評定方式でも入札の評価対象

評価方法、配点などについては提案をおこなった地方整備局などによって異なります。

施工者からの活用提案による加点について
NETIS(新技術)区分 工事成績評定
※活用効果調査結果提出必須(-VEを除く)
総合評価落札方式
事後評価未実施技術
(-A)
活用の効果が
相当程度
+3点
(実加点1.2点)
新技術活用において加点あり。
※地方局により異なる。
活用の効果が
一定程度
+2点
(実加点0.8点)
活用の効果が
従来技術と同程度
+1点
(実加点0.4点)
事後評価実施済技術
(-V、-VE、-VR)
活用の効果が
相当程度
「有用な新技術」以外 +2点
(実加点0.8点)
「有用な新技術」 +3点
(実加点1.2点)
活用の効果が
一定程度
「有用な新技術」以外 +1点
(実加点0.4点)
「有用な新技術」 +2点
(実加点0.8点)
活用の効果が
従来技術と同程度
「有用な新技術」以外 +0点
「有用な新技術」 +1点
(実加点0.4点)

2015年10月現在 レント調べ

自然環境と作業環境にやさしい

オフロード法

排出ガス規制(オフロード法)に対応

掲載機種は、平成18年施行のオフロード法(特定特殊自動車排出ガス規制等に関する法律)に適合した機種も取り揃えてございます。
建設機械の排出ガス対策は、平成3年より排出ガス対策型建設機械指定制度が実施され、平成13年より第2次基準値、平成18年より第3次基準値が設けられています。
各機種により対応基準が異なりますので、仕様表にてご確認ください。

超低騒音を実現!音質もマイルドな超低騒音型建設機械

超低騒音型建設機械

国土交通省が指定した「超低騒音型建設機械」、または「騒音型建設機械」に該当します。
作業時の周囲環境にも万全の配慮。
「超低騒音型建設機械」は、国土交通省が規定した低騒音型建設機械の騒音基準値 (該当機種の場合99dB) から、さらに6dB減じた値を下回る騒音の測定値を得ています。
各機種により対応基準が異なりますので、仕様表にてご確認ください。

必要資格

  • 小型車両系建設機械 (整地・運搬・積込み用及び掘削用) の運転の業務に係る特別教育 (機体質量3t未満)
    または、車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習 (機体質量3t以上)
  • 移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育 (つり上げ荷重1t未満)
  • 玉掛けの業務に係る特別教育 (つり上げ荷重1t未満のクレーン等にかかわる作業)

レント教習センターにて取得可能な資格もございます。

仕様表

商品コード 142091 142171 142191
商品名 超小0.1Rクレーン付 超小0.12R
クレーン付
超小0.15R
クレーン付
メーカー クボタ(Kubota)
メーカー名称 クボタミニバックホー
ゼフ(ZEPH)
クボタミニバックホー クボタミニバックホー タフ(TOUGH)
型式 RX-203 HGCR RX-205 HGCR RX-306 HGCR RX-406E HGCR
性能 バケット容量[旧JIS] (m3) 0.06 0.09 0.11
最大吊り上げ
能力(t×m)
定置吊り時 0.6×0.3 0.9×1.6 0.9×2.1
旋回速度 (min-1[rpm]) 8.9 8.8
走行速度(高速/低速) (km/h) 4.2/2.2 4.6/2.7 4.4/2.9
登坂能力 (%[度]) 58[30]
最大掘削力 (kN[kgf]) 21.2[2,160] 27.9[2,845] 30.1[3.069]
接地圧 (kPa[kg/cm2])
機械質量 (kg) 1,990 2,990 3,600
機体質量 (kg) 1,440 2,290 2,820
エン
ジン
定格出力 (kW/min-1[PS/rpm]) 14/2,200[19/2,200] 21/2,200
[28.6/2,200]
18.9/2,200
[25.7/2,200]
燃料タンク容量(軽油) (L) 27.5 41
シュー型式 ゴムクローラ
寸法
(mm)
全長 ※運搬時 A 3,660 4,080 4,290
全高 ※運搬時 B 2,270 2,470 2,480
全幅 C 1,400 1,550 1,700
履帯中心距離 D 1,150 1,250 1,400
履帯幅 E 250 300
クローラ全長 F 1,860 2,090
後端旋回半径 G 700 775 850
最低地上高 H 265 290
バケット幅(サイドカッタ含む) 450 480 600
ブレード I 1,400 1,550 1,700
高さ J 292 335
作動
範囲
(mm)
最大掘削深さ K 2,210 2,960 3,300
最大垂直堀深さ L 1,940 2,380 2,730
最大掘削半径 M 3,860 4,530 4,850
最大床面掘削半径 N 3,750 4,420 4,740
最大掘削高さ O 4,630 5,180 5,480
最大ダンプ高さ P 3,490 3,740 4,040
最小ダンプ高さ Q
最小旋回半径 R 700 775 850
バケットオフセット量
(右・左)
S・T 470・680 485・810 505・830
ブレード 揚程(上・下) U・V 320・440 360・340 360・340
クレーン
使用時
作動
範囲
アーム長 (m)
最大地上揚程 (mm) a 2,640 2,690 2,720
最大地上揚程時
作業半径 (mm)
b 3,300 1,550 1,680
最大地下揚程 (mm) c 1,905 2,440 2,820
最大地下揚程時
作業半径 (mm)
d 1,860 2,010
最大作業半径 (mm) e 3,300 3,860 4,180
最小作業半径 (mm) f 970 1,310 1,320
最小作業半径時
地上揚程 (mm)
g 2,500 2,390 2,330
NETIS登録番号 KK-120076-VE
低騒音指定状況 超低
排ガス指定状況 3次 オフロード
(2006年基準)
3次
操作要件(掘削) 特別教育
操作要件(クレーン) 特別教育
操作要件(玉掛け) 特別教育
商品コード 142311 730049
商品名 超小0.2Rクレーン付 超小0.2R
クレーン付 w
メーカー コベルコ建機
(KOBELCO)
日立建機 クボタ(Kubota) コベルコ建機
(KOBELCO)
メーカー名称 超小旋回
ミニショベル
セイバー(SAVER)
油圧ショベル
超小旋回機ZAXIS
クボタ
ミニバックホー
タフ(TOUGH)
超小旋回
ミニショベル
セイバー(SAVER)
型式 SK50UR-5 ZX55UR-3 RX-506 SK50UR-3
性能 バケット容量[旧JIS] (m3) 0.16[0.14] 0.22[0.20] 0.21 0.16[0.14]
最大吊り上げ能力(t×m) 定置吊り時 0.94×2 0.99×2.9 0.99×2.8 0.94×2
旋回速度 (min-1[rpm]) 9.2 9.3 9.3 9.2
走行速度(高速/低速) (km/h) 4.5/2.5 4.5/2.6 4.5/2.6 4.5/2.5
登坂能力 (%[度]) 58[30] 58[30] 58[30] 58[30]
最大掘削力 (kN[kgf]) 35.4[3,612] 41.2[4,200] 36.5[3,725] 35.4[3612]
接地圧 (kPa[kg/cm2]) 29[0.29] 31[0.32] 29[0.29]
機械質量 (kg) 5,110 5,300 5,400 5,060
機体質量 (kg) 4,090 3,800 4,115 4,040
エン
ジン
定格出力 (kW/min-1[PS/rpm]) 26.3/2,200
[36/2,200]
33.1/2,400
[45/2,400]
30.1/2,200
[40.9/2,200]
27.2/2,200
[37/2,200]
燃料タンク容量(軽油) (L) 53 70 60 53
シュー型式 鉄(ゴムパット) ゴムクローラ
寸法
(mm)
全長 ※運搬時 A 5,500 5,160 5,170 5,500
全高 ※運搬時 B 2,540 2,570 2,540
全幅 C 1,960 2,000 2,000 1,960
履帯中心距離 D 1,560 1,600 1,600 1,560
履帯幅 E 400
クローラ全長 F 2,480 2,540 2,490 2,480
後端旋回半径 G 980 1,000 980
最低地上高 H 335 310 335
バケット幅(サイドカッタ含む) 650 700 680 700
ブレード I 1,960 2,000 2,000 1,960
高さ J 345 400 410 345
作動
範囲
(mm)
最大掘削深さ K 4,180 4,020 4,065 4,180
最大垂直堀深さ L 2,850 3,230 2,820 2,850
最大掘削半径 M 5,810 5,760 5,730 5,810
最大床面掘削半径 N 5,690 5,660 5,625 5,690
最大掘削高さ O 6,470 6,510 6,420 6,470
最大ダンプ高さ P 4,910 4,720 4,660 4,910
最小ダンプ高さ Q 2,030 2,030
最小旋回半径 R 1,000 1,050 1,000
バケットオフセット量(右・左) S・T 795・925 920・740 920・760 795・925
ブレード 揚程(上・下) U・V 345・390 380・370 340・390
クレーン
使用時
作動
範囲
アーム長 (m) 1.2 1.85
最大地上揚程 (mm) a 4,410 3,660 3,435 4,400
最大地上揚程時作業半径 (mm) b 2,180 2,490 2,040 2,550
最大地下揚程 (mm) c 3,440 3,325 3,600 3,800
最大地下揚程時作業半径 (mm) d 1,970 2,510 1,975 1,860
最大作業半径 (mm) e 4,810 4,940 4,915 5,090
最小作業半径 (mm) f 640 1,695 1,670 635
最小作業半径時地上揚程 (mm) g 2,740 2,150 2,930 2,370
NETIS登録番号 KK-120076-VE
低騒音指定状況 超低 超低 超低
排ガス指定状況 オフロード(2006年基準) オフロード
(2014年基準)
2次
操作要件(掘削) 技能講習
操作要件(クレーン) 特別教育
操作要件(玉掛け) 特別教育
商品コード 142312 142313
商品名 超小0.2R
クレーン付/CAB
超小0.2R
クレーン付/CABクーラー付
メーカー コベルコ建機(KOBELCO) クボタ(Kubota)
メーカー名称 超小旋回ミニショベル
セイバー(SAVER)
クボタミニバックホー ゼフ(ZEPH)
キャビン仕様
型式 SK50UR-5 RX-505G CRCR
性能 バケット容量[旧JIS] (m3) 0.16[0.14] 0.22[0.20]
最大吊り上げ能力(t×m) 定置吊り時 0.94×2 0.9×3
旋回速度 (min-1[rpm]) 9.2 8.6
走行速度(高速/低速) (km/h) 4.1/2.2 4.2/2.4
登坂能力 (%[度]) 58[30]
最大掘削力 (kN[kgf]) 35.4[3,612] 36.4[3,715]
接地圧 (kPa[kg/cm2]) 31[0.32]
機械質量 (kg) 5,300 5,250
機体質量 (kg) 4,280 4,120
エン
ジン
定格出力 (kW/min-1[PS/rpm]) 27.2/2,200[37/2,200] 28.8/2,250[39.2/2,250]
燃料タンク容量(軽油) (L) 53 64
シュー型式 鉄(ゴムパット)
ゴムクローラ
寸法
(mm)
全長 ※運搬時 A 5,500 5,150
全高 ※運搬時 B 2,540 2,555
全幅 C 1,960 2,000
履帯中心距離 D 1,560 1,990
履帯幅 E 400
クローラ全長 F 2,480 2,500
後端旋回半径 G 980 1,000
最低地上高 H 335 317
バケット幅(サイドカッタ含む) 650 680
ブレード I 1,960 2,000
高さ J 345 360
作動
範囲
(mm)
最大掘削深さ K 4,180 4,035
最大垂直堀深さ L 2,850 2,740
最大掘削半径 M 4,980 5,695
最大床面掘削半径 N 5,690 5,580
最大掘削高さ O 6,470 6,380
最大ダンプ高さ P 4,910 4,690
最小ダンプ高さ Q 2,030
最小旋回半径 R 1,000
バケットオフセット量(右・左) S・T 795・925 750・930
ブレード 揚程(上・下) U・V 340・390 380・370
クレーン
使用時
作動
範囲
アーム長 (m) 1.85
最大地上揚程 (mm) a 4,410 3,730
最大地上揚程時作業半径 (mm) b 2,180 2,170
最大地下揚程 (mm) c 3,440 3,290
最大地下揚程時作業半径 (mm) d 1,970 2,605
最大作業半径 (mm) e 4,810 4,930
最小作業半径 (mm) f 640 1,430
最小作業半径時地上揚程 (mm) g 2,740 2,730
NETIS登録番号 KK-120076-VE
低騒音指定状況 超低
排ガス指定状況 オフロード(2006年基準)
操作要件(掘削) 技能講習
操作要件(クレーン) 特別教育
操作要件(玉掛け) 特別教育

クレーン使用時定格荷重表

RX-203・RX-205

作業半径
(m)
定格荷重 (t)
定置吊り 走行吊り
1.4以下 0.60 0.30
1.5 0.54 0.27
2.0 0.34 0.17
2.3 0.28 0.14
2.5 0.24
3.0 0.18
3.3 0.15

RX-306

作業半径
(m)
定格荷重 (t)
定置吊り 走行吊り
1.6以下 0.90 0.45
2.0 0.58 0.29
2.5 0.39 0.19
2.6 0.37 0.18
3.0 0.31
3.5 0.25
3.8 0.24

RX-406E

作業半径
(m)
定格荷重 (t)
定置吊り 走行吊り
2.1以下 0.90 0.45
2.5 0.69 0.34
2.9 0.54 0.27
3.0 0.52
3.5 0.42
4.0 0.34
4.2 0.33

SK50UR-5

作業半径 (m) 定格荷重 (t)
1.5 0.94
2.0
2.5 0.81
3.0 0.69
3.5 0.55
4.0 0.45
4.5 0.36
5.0 0.32
5.5 0.32/5.17m

SK50UR-3

作業半径 (m) 定格荷重 (t)
1.0 0.94/0.63m
2.0 0.94
3.0 0.69
4.0 0.45
5.0 0.32
5.17 0.32
フック質量 6.5

RX-505

作業半径
(m)
定格荷重 (t)
定置吊り 走行吊り
3.0以下 0.90 0.45
3.4 0.64 0.32
3.5 0.59
4.0 0.56
4.5 0.47
4.9 0.44

RX-506

作業半径
(m)
定格荷重 (t)
定置吊り 走行吊り
2.8以下 0.99 0.49
3.0 0.92 0.46
3.4 0.77 0.38
3.5 0.74
4.0 0.60
4.5 0.50
4.9 0.47

寸法図

超小旋回ミニバックホウ寸法図

作動範囲図

超小旋回ミニバックホウ作動範囲図

クレーン使用時作動範囲図

超小旋回ミニバックホウ作動範囲図