※ すべての商品は点検後、出荷いたします。
※ お客様のご希望により別途、検査成績書の発行が可能です。(有料)

普通騒音計 NL-22

普通騒音計 NL-22

オプション品

  • 騒音計スタンド
  • マイクロホン延長コード
  • 実音モニターカード
  • 管理ソフト
  • プリンター(DPU-414)

仕様表

型式承認番号 第S-63号
適用規格 計量法普通騒音計
JIS C 1502:1990、IEC60651:1979 Type2、IEC60804:2000 Type2、IEC/FDIS 61672-1 Class2
測定機能(主演算) 選択された時間重み特性および周波数重み特性にて全項目を同時に測定、騒音レベルLp、等価騒音レベルLeq、単発騒音暴露レベルLE/騒音レベルの最大値Lmax、騒音レベルの最小値Lmin /時間率騒音レベルLN(任意に選択された5値)
測定機能
(補助演算)
主演算との同時測定機能として次のいずれか一項目を選択して測定
Lpeak(ピーク音圧レベル)
Lcpeak(C特性ピーク音圧レベル)
Lceq(音圧レベル)
LAtm5(区間内最大騒音レベルのパワー平均値)*
LAI(インパルス騒音レベル)*
LAIeq(インパルス等価騒音レベル)*  *印:主演算でA特性設定時のみ選択可能
設定時間 10秒、1、5、10、15、30分、1、8、24時間および手動(最長設定時間200時間)
周波数重み特性 A、C、およびFLAT特性
レニアリティー
レンジ
100dB
設定レベル範囲 A特性:28~130dB、C特性:33~130dB、FLAT特性:38~130dB
C特性ピーク音圧レベル:55~141dB、ピーク音圧レベル:60~141dB
自己雑音レベル A特性:22dB以下、C特性:27dB以下、FLAT特性:32dB以下
Lcpeak:50dB以下、Lpeak:55dB以下
レベルレンジ
切替器
10dBステップ7段階
10~70dB*、20~80dB、20~90dB、20~100dB、20~110dB、30~120dB、40~130dB
*印:オプションのフィルタ機能がON状態の時のみ選択可
測定周波数範囲 マイクロホン含む全体:20~8000Hz、電気回路(交流出力・検出回路):10~20000Hz
校正 内蔵発振器(1kHzの正弦波)による電気的校正
デジタル演算 サンプリング周期20.8μs(Lep、Lmax、Lmin、LE)100ms(LN)
データストア機能 マニュアルストアは本体内のメモリーまたはCFカードを選択してデータ記録、オートストアはCFカードに記録/マニュアルストア、オートストア1、オートストア2、オートストア2のタイマー機能
マイクロホン 1/2インチエレクトレットコンデンサマイクロホン
表示 LEDバックライト付き液晶(128×64ドット+121アイコン)、表示画面数値とバーグラフによる騒音レベル測定画面、各演算値の一括表示画面、L-T画面(横軸を20秒としたリアルタイムのレベル記録)、操作のためのメニュー画面
出力端子 交流/直流出力端子、キー操作により交流または直流出力機能を選択
I/O端子 RS-232C又はUSBを利用したコンピュータによる騒音計の制御と、データ出力、プリンターDPU-414へのデータ出力、コンパレーター出力(USBによるパソコンからの電源補給はできません)
コンパレーター出力 設定レベル(30~130dBで1dBステップ)を超えるとON(オープンコレクター)
使用温湿度範囲 -10~50℃、10~90%RH(結露しない事)
大きさ・重さ 約260×76×33mm・約400g(電池込)
電源 AC100、単3形乾電池×4
電池寿命:30時間(アルカリ)、11時間(マンガン)
付属品 BNC-ピン(CC-24)、ACアダプタ(NC-34)、風防、コンパクトフラッシュ16MB