不透明な生産計画に対応するコンプレッサの新しい調達方法

コンプレッサのリプレイスや台数制限で、頭を抱えていませんか?

現在、コンプレッサを設備資産を割安な長期リースで導入されているお客さまは多いと思います。
しかし、その方法では急激な需要の変動から長期リスクを回避できない場面も多々あるのではないでしょうか?

現在の時代、エア需要の予測がつきにくい

導入前の生産量の予測と実情のかい離で発生する無駄なコスト

例えば、導入前の予測よりも需要が膨んだ場合は、エアの供給不足を起こすことになります。逆に、導入前の予測よりも需要が少なかった場合は、実需要よりも大きな設備を入れることで無駄な経費が発生してしまいます。

さらに今は…、運用計画が立てづらいため、より一層リスクが高い

お客様のコンプレッサ選定時のお悩み

稼働の予測がつかないため、適切な機種を選定できない

誤った選定は、その後のエア不足や必要以上のコンプレッサを導入してしまい、無駄なコストが発生する原因に。

稼働に合わせた機種を”年極”レンタルしてもコストメリットが出ない

一般的な「年極」では、機種変更ができません。そのため個別レンタル対応では、割安な年極価格に対して価格メリットが出ません。

設備導入のリスクを長期リスクヘッジ型年極レンタルで解決!

年極レンタル中でも、エアの需要に合わせてサイズ変更が可能!料金は、実使用サイズごとの年極の月額料金のお支払いでOK!

レントの長期リスクヘッジ型年極レンタルなら、稼働に合わせたエアの供給が容易におこなえます。
エア需要に合わせたクラスをレンタルし、料金は実使用クラスの年極月度料金に設定すれば、必要なエア供給能力を確保し、
かつ割安な年極月度料金のお支払いが可能です。

※ サイズ変更の際、別途入替費用(配送料など)は発生します。

エア使用量推移例
  • * 計画時に需要の浮き沈みが予測できないと仮定。
  • * クラス ≒ レンタル料金として簡素化しています。
  • * ここでの「月度料金」とは、年極料金の1ヶ月分に該当します。

レンタルのメリット

レンタルで効率的な経営

  • レンタル料は全額費用処理できるため、コストの平準化が図れて節税効果も期待できます。
  • レンタルは完全なオフバランス処理ができ、資産圧縮による財務指標の悪化を防ぎます。
  • 現場ごとの経費が明らかになり、原価管理が容易になります。
  • 資産管理が不要なため、減価償却計算や税金申告など事務処理を簡素化できます。

レンタルでコスト削減

  • 不稼働時期の保管場所やメンテナンス費用が削減できます。
  • 保有機械を適正台数にして、ピーク時にレンタルで対応すればコスト削減できます。

レンタルで柔軟に対応

  • 現場に応じた期間・台数・機種を選定できます。勿論、いつでも変更・返却できます。
  • 常にメンテナンスされた商品をご利用できます。
  • 例えば、ご購入前にレンタルで試されてはいかがでしょうか?

レントなら

  • 多種多様な商品をラインナップ。全ての機材が揃うため、調達の手間も省けます。
  • 他社に真似のできないレンタル商品の高品質化
  • 万が一のトラブルにも万全なサポート体制。
  • お客さまに合ったソリューションをご提案させていただきます。

オイルフリーコンプレッサ
一般的にレンタルで対応できる機種は、エンジンコンプレッサや給油式コンプレッサがほとんどです。メーカーやメンテナンス業者もオイルフリーコンプレッサの代替機は保有台数が少なく、身近で簡単に調達できないのが現状です。

生産に合わせたコンプレッサの最適化でコスト削減とCO2対策を両立
生産現場の電気使用量の中でも大きな割合を占めるコンプレッサの電力。
レンタルだからできる柔軟な調達が、コスト削減とCO2削減を実現します。

最適なコンプレッサをご検討ください
コスト、省エネ、環境対策に大きく影響するコンプレッサ。
見直しや対策に有効な測定サービス、診断ツールのレンタルが充実しています。

生産の少ない休日に、平日と同じエア量を供給するのは無駄だと思われませんか?
見通しの立たない現在、コンプレッサのリプレイスや台数制限でお悩みはありませんか?
エア需要の増減に過不足なく、設備導入リスクの無いお得なプランをご提案します。

  • レシプロコンプレッサ
  • スクロールコンプレッサ
  • スクリューコンプレッサ
  • コンプレッサ周辺機器(エアドライヤ、アフタークーラー、減圧弁、各種フィルター、レシーバータンクなど)
  • 調査機器(超音波検出器 リークディテクター)
インターネットでご質問・お見積り お問い合せフォーム最寄りの営業所・電話番号を調べる 店舗一覧