橋梁点検ロボットカメラ

橋梁点検ロボットカメラ

近接して目視確認が困難な橋梁点検を橋の上や下の遠隔地から安全かつ効率良くおこなえるシステム

橋梁点検ロボットカメラは、橋脚、桁下面、支承部などの橋梁構造物で点検員が目視で確認するには困難な場所を、橋面や橋梁側面下面から伸長可能なポールに設置したカメラとカメラを操作するタブレットPCを用いて点検するシステムです。

登録番号:KT-160016-A
エコーチップ硬さ試験機 エコーチップ

現在、我が国の社会インフラを巡っては老朽化の進行、地震や風水害などの災害リスクの高まり、人口減少・少子高齢化などの課題に直面しており、社会インフラの維持管理及び災害対応の効率化・迅速化が求められています。このような背景のもと、老朽化する橋梁の安全で効率的な点検調査を可能にします。

転落事故などの危険性が低減されます

橋面および橋梁側面下面の安全な場所で点検が可能。

交通規制の必要がないため、効率的な作業ができる

橋梁点検ロボットカメラでひび割れなどが確認できた場所のみを、
橋梁点検車で点検作業がおこなえるため、効率的な作業が可能です。

安全で効率的に点検できる2つの設置方法

橋面から点検がおこなえる懸垂型

最大4.5m伸長可能光学30倍ズームでの撮影

桁高3m以下の大規模な橋の点検に最適

高欄の笠木に4.5m伸長可能なポールでカメラを吊り下げて点検をおこなう懸垂型ユニットを使用します。
懸垂型ユニットの先端に取り付けたカメラにより、橋桁側面や下面、支承部を点検できます。

下記の条件の場合、特に高い効果を発揮します

橋梁側面下面から点検がおこなえる高所型

支承部画像
ある程度暗所であっても、鮮明な映像を撮影することが可能です。

桁下高さ30m以下の比較的小規模な橋の点検に最適

高所型ユニットを使用して、最大10.5m伸長可能なポールで橋梁を見上げて地上から点検をおこないます。
高所型ユニットの上端に取り付けたカメラにより、橋脚の高いところや上部構造や支承部を点検できます。

下記の条件の場合、特に高い効果を発揮します

遠隔からでもよく見える!ひび割れ幅まで確認可能です

光学倍率30倍ズームにより、距離が離れていても小さな損傷も見逃しません

光学ズーム×30

光学倍率30倍ズームにより、20m先の0.2mm幅のひび割れを見ることができます。
距離が離れていても小さな損傷も見逃しません。

ひび割れ幅は映像上に表示されるクラックスケールを
移動・回転させて測定

ひび割れ幅の測定は、映像上に表示されるクラックスケールにておこなう

ひび割れ幅の測定は、映像上に表示されるクラックスケールにておこない、静止画像として保存可能です。
クラックスケールの表示は映像上で自在に移動・回転が可能です。
実際の近接目視でクラックスケールを当てて計測する感覚で測定できます。
また、カメラと対象面までの距離と角度を計測することでクラックスケールの目盛を自動補正します。

映像補正機能により悪条件でも的確に点検をおこなえます

コントラストの補正で可視性UP

映像補正で目視性能を向上することができます。
コントラスト補正、手振れ補正、霧除去機能の映像補正で点検現場での「見る」を強力にサポート。
日陰でも任意もしくは自動で最適な明るさに調整します。

誰でも使える簡単操作

操作端末はタブレットPCで、簡単に操作が可能です。

フリックで自由に位置移動・ダブルタップで見たいところに直接移動・ピンチアウトで細部をチェック

動画を撮影しながら静止画を撮影。資料作成に役立つ編集機能。

動画を撮影しながら静止画を撮影

動画を撮影しながら静止画を撮影できます。
タブレットPC内に録画保存した動画から静止画を切り出すこともできるため、点検時に静止画を撮り忘れた場合にも安心です。静止画にはコメントや手書き文字・図形を入力でき、資料作成に役立ちます。

カメラを取り付けるポールは伸縮自在で容易に設置可能

コンパクトで持ち運びが便利

キャリングバックに収納して、1人で持ち運びが可能です。コンパクトで運搬が容易であり、また大きな設置場所を必要としないため、点検時の交通規制を軽減します。

高所型収納時・懸垂型収納時

他にも橋梁点検をサポートする機能が盛りだくさん

  • 防滴構造で作業中の突然の降雨などに対応します。
  • 多少の暗さでも見ることが可能です。
    (必要に応じて内蔵の照明を点灯してください。)
  • カメラの落下防止対策として、
    カメラ取り付けシューにロック機構と落下防止用の金具を装備。
カメラ

公共工事に有利!NETIS登録技術搭載

NETIS登録技術の活用で加点が望めます

工事成績評定に最大3点の加点

試行申請型(請負契約締結後提案の場合)および施工者希望型の公共工事のにおいて、施工者がNETISに登録された技術の活用を提案し、実際に工事で活用された場合、活用の効果に応じて工事成績評定での加点の対象となります。

「有用な新技術」や「事後評価未実施技術」は、従来の技術と同程度の効果であっても1点の加点。
登録番号:KT-160016-A
「有用な新技術」とは?

公共工事などにおける新技術活用システム実施要領で定める「推奨技術、準推奨技術、評価促進技術、活用促進技術、活用促進技術(旧実施要領)、設計比較対象技術(旧実施要領)、少実績優良技術(旧実施要領)」です。

総合評定方式でも入札の評価対象

評価方法、配点などについては提案をおこなった地方整備局などによって異なります。

施工者からの活用提案による加点について
NETIS(新技術)区分 工事成績評定
※活用効果調査結果提出必須(-VEを除く)
総合評価落札方式
事後評価未実施技術
(-A)
活用の効果が
相当程度
+3点
(実加点1.2点)
新技術活用において加点あり。
※地方局により異なる。
活用の効果が
一定程度
+2点
(実加点0.8点)
活用の効果が
従来技術と同程度
+1点
(実加点0.4点)
事後評価実施済技術
(-V、-VE、-VR)
活用の効果が
相当程度
「有用な新技術」以外 +2点
(実加点0.8点)
「有用な新技術」 +3点
(実加点1.2点)
活用の効果が
一定程度
「有用な新技術」以外 +1点
(実加点0.4点)
「有用な新技術」 +2点
(実加点0.8点)
活用の効果が
従来技術と同程度
「有用な新技術」以外 +0点
「有用な新技術」 +1点
(実加点0.4点)

2015年10月現在 レント調べ

仕様表

商品コード 245890
商品名 橋梁点検ロボットカメラ
メーカー 日立 ※1
メーカー名称 橋梁点検ロボットカメラ
型式 HV-HT3000TB
カメラユニット 外形寸法 幅×高さ×奥行 (mm) 190×160×130 (バッテリーパック含まず)
質量 (g) 約1450 (バッテリーパック含まず)
光学ズーム倍率 (倍) 30
画素数(ドット数) (画素) 約92万画素 (1,280×720)
無線LAN IEEE802.11n 5GHz対応
可動範囲 (度) パン(水平):左方向180度 右方向180度
チルト(縦) :上方向 90度 下方向 90度
その他の機能 手振れ補正、コントラスト補正、霧除去
使用バッテリーパック BL-F970A
連続稼動時間 (時間) 約3 ※2
動作温度 (℃) -10 〜 40
動作湿度 (%) 75以下
中継機ユニット 外形寸法 幅×高さ×奥行 (mm) 170×180×50
質量 (g) 約660 (バッテリーパック含まず)
無線LAN IEEE802.11n 5GHz対応
タブレットPC OS Windows 8、8.1(Pro/エディション名なし) 32bit/64bit日本語
CPU インテル® Core™ i5 1.8 GHz 以上
メモリ 4GB以上
解像度 1,280×800、1,366×768、1,920×1,080、1,920×1,200、2,560×1600
ディスク空き容量 32GB以上(*1インストール時3GB必要)
ワイヤレスネットワーク IEEE802.11n 5GHz対応
周辺機器 microSD対応カードリーダー(インストール時)
NETIS登録番号 KT-160016-A

注意事項

関連商品(懸垂型ユニット)

商品コード 245891
商品名 橋梁点検カメラ/懸垂用架台ユニット
外形寸法 幅×高さ×奥行 (mm) 1,335×280×210
最大伸長 (mm) 4,500
質量 (kg) 約12.5
使用バッテリーパック E-HL9S
ケース外形寸法 幅×高さ×奥行 (mm) 1,500×310×200
キャリングバック外形寸法 幅×高さ×奥行 (mm) 420×280×270

関連商品(高所型ユニット)

商品コード 245892
商品名 橋梁点検カメラ/高所用三脚ユニット
外形寸法 幅×高さ×奥行 (mm) 1,730×200×160
最大伸長 (mm) 地上から約10,500
質量 (kg) 約9.2
ケース外形寸法 幅×高さ×奥行 (mm) 1,830×210×200
キャリングバック外形寸法 幅×高さ×奥行 (mm) 420×280×270

上へ戻る

測量機器校正証明書付レンタル/測量機器預かり校正
ハンドパレットトラックスケール
買い替え予定のバッテリー、再生してみませんか?
茶処・静岡より産地直送 静岡茶で和みの時間