コンバインドローラー転圧センサー付

鉄輪とタイヤを備え1台で一次転圧から仕上げまで活躍

転圧センサーで品質管理が容易工程の短縮化・CO2排出とコスト削減が期待できる

締め固め状況をリアルタイムに確認できる転圧センサー付きのメリット

転圧品質が向上し転圧回数の削減で工期短縮。機械の稼働時間が少なくなることでCO2排出も低減。

転圧と同時に地盤剛性を計測できることから、転圧不足ポイントの発生や過転圧を防止し転圧品質が向上します。締固め状況を把握しながら作業できるので適切な転圧品質に仕上げられるうえ、測定作業の効率化にもつながります。従来の方法では難しかった転圧品質管理が容易になり、工程の短縮化・CO2排出の抑制・コスト削減といったさまざまな効果が期待できます。

転圧作業の安全性が向上。

異常振動時にLEDランプが点灯し、振動機構のトラブルが発見可能。機械の故障によるトラブルからオペレータを守り安全を確保します。

転圧センサー付きでNETIS登録済み。総合評価落札方式や工事成績評定で加点が望めます

NETIS登録番号:KK-110047-VR
エコノマイザー

転圧センサーは地盤剛性計測システム「エコノマイザー」

転圧センサーは地盤剛性計測システム「エコノマイザー」です。機械に搭載した加速度計により、転圧レベルをLEDランプによって10段階でリアルタイムに表示する機能です。

硬い地盤でのLED点灯数は多数柔らかい地盤ではLEDの点灯数は少数

従来作業の問題点を解決

従来の手法では転圧品質管理が難しい

従来、締め固め状況の確認は転圧後に各点でサンプリング、転圧レベルを測定する手法にておこなわれてきました。
この場合、締固め状況を即時に把握することができず、転圧不足や過転圧が発生することがありました。
また、サンプリングする場所によって転圧不足が見逃され、転圧品質管理は難しいものでした。

地盤剛性計測システム「エコノマイザー」なら転圧品質管理が容易に

従来の手法
転圧後にサンプリングして
転圧レベルを各点で測定
エコノマイザー
試験転圧をおこない、目標地盤剛性と
LED表示の関係を確認
地盤剛性計測システム「エコノマイザー」なら転圧品質管理が容易に

これまで転圧後のサンプリング測定に頼ってきた締固め状況の確認が、転圧作業しながら同時におこなえます。
施工現場における目標地盤剛性値とエコノマイザーの黄色LED表示個数の関係を予め設定することで、締固め状況が即時にわかります。

樹脂製タンクとタイマー装備で扱いやすい散水系作業性と品質向上をサポートする機能

引きずりを防止する後輪2モータダイレクトドライブ

走行モーター

左側2本のタイヤと右側2本のタイヤを独立した2個の走行モータで駆動。1軸で4つの後輪を駆動する方式に比べカーブでの引きずりを大幅に防止します。凸凹道や砂地などの悪路でも空転を防ぐフローデバイダーを装備。

平坦で踏み残しを抑え品質の高い仕上りを実現する寸法設計

左右共40mm、左右共625mm

クラス最大級のカーブクリアランスと最小のサイドクリアランスで踏み残しの最小化を図っています。
また、大径ドラムで、押し出しが少なく平坦で品質の高い仕上がりを実現します。

タンク散水タイマー

錆防止で高い品質を実現する樹脂製散水タンク

樹脂製タンクで、錆の発生による散水ノズルの詰まりを防止し、施工品質の低下を防ぎます。
また、間欠散水タイマーを装備し、ON-OFF制御でタンク内の水を有効活用できます。間欠散水タイマーは、休止時間が2、4、8、16、32秒間で、散水時間がそれぞれ4秒間です。

優れた起振性が現場作業のコストダウンにつながる

クラス最大級の起振力、最適な振動数でより早く締め固め作業が完了し、現場作業のコストダウンに寄与します。

スピード調整や振動のスイッチ切り替えなどスムーズで快適な操作を実現する機能

前後進レバー

操作レバーで微妙なスピード調整が可能

スピード調整は前後進レバーにて、1レバー、2スピード方式。転圧時はレバーの操作性に対するスピードの変化を小さくし、微妙なスピード調整が可能。高速走行時には、レバーの操作性に対するスピードの変化を大きくし、移動しやすくなっており、加えて、振動が自動的にOFFになります。

状況に合わせて振動をスイッチ切り替え

振動

振動は「自動」機械走行時のみ振動と「手動」が選択可能です。手動時は前後進レバーの振動スイッチで振動ON/OFFの切り替えがおこなえます。

オペレータに不快な振動を与えないステップ

ステップ

運転席のステップ部分には防振ゴムを装着し、オペレータに不快な振動を与えません。さらに、開口部にはダンパが装着され容易に開閉可能です。

排出ガス規制(オフロード法)に対応。自然環境にも優しいエコ施工

排出ガス基準適合車

排出ガス規制(オフロード法)に対応

掲載機種は、平成18年施行のオフロード法(特定特殊自動車排出ガス規制等に関する法律)に適合しています。

超低騒音型建設機械

国土交通省が指定した「超低騒音型建設機械」です。

国土交通省が規定した低騒音型建設機械の騒音基準値 (該当機種の場合101dB) から、さらに6dB減じた値を下回る騒音の測定値を得ています。騒音の低減により、施工現場周辺へ配慮した施工がおこなえます。

公共工事に有利!NETIS登録技術搭載

NETIS登録技術の活用で加点が望めます

工事成績評定に最大3点の加点

試行申請型(請負契約締結後提案の場合)および施工者希望型の公共工事のにおいて、施工者がNETISに登録された技術の活用を提案し、実際に工事で活用された場合、活用の効果に応じて工事成績評定での加点の対象となります。

「有用な新技術」や「事後評価未実施技術」は、従来の技術と同程度の効果であっても1点の加点。
登録番号:KK-110047-VR
「有用な新技術」とは?

公共工事などにおける新技術活用システム実施要領で定める「推奨技術、準推奨技術、評価促進技術、活用促進技術、活用促進技術(旧実施要領)、設計比較対象技術(旧実施要領)、少実績優良技術(旧実施要領)」です。

総合評定方式でも入札の評価対象

評価方法、配点などについては提案をおこなった地方整備局などによって異なります。

施工者からの活用提案による加点について
NETIS(新技術)区分 工事成績評定
※活用効果調査結果提出必須(-VEを除く)
総合評価落札方式
事後評価未実施技術
(-A)
活用の効果が
相当程度
+3点
(実加点1.2点)
新技術活用において加点あり。
※地方局により異なる。
活用の効果が
一定程度
+2点
(実加点0.8点)
活用の効果が
従来技術と同程度
+1点
(実加点0.4点)
事後評価実施済技術
(-V、-VE、-VR)
活用の効果が
相当程度
「有用な新技術」以外 +2点
(実加点0.8点)
「有用な新技術」 +3点
(実加点1.2点)
活用の効果が
一定程度
「有用な新技術」以外 +1点
(実加点0.4点)
「有用な新技術」 +2点
(実加点0.8点)
活用の効果が
従来技術と同程度
「有用な新技術」以外 +0点
「有用な新技術」 +1点
(実加点0.4点)

2015年10月現在 レント調べ

仕様表

商品コード 171341
クラス 3tコンバインドローラー転圧センサー付
メーカー ボーマク
メーカー名称 搭乗型振動ローラ
型式 BW115AC-3
運転質量 (kg) 2,530
寸法 (mm) 全長 L 2,650
全幅 B 1,290
全高 H 1,730
軸距 A 1,950
締め固め幅 1,200
ロール D 700
W 1,200
タイヤサイズ 9.5/65-15 6PR
最低地上高 K 250
カーブクリアランス C 555
サイドクリアランス O 45
タイヤ数 (本) 4
性能 起振力 (kN([kgf]) 22.5[2,300]
振動数 (Hz[vpm]) 60[3,600]
作業速度 (km/h) 0-12
登坂能力 (%[度]) 46.6[25]
最小旋回半径 (m) 4.0
エンジン 定格出力 (kW[PS]/min-1) 20.1[27.3]/2,400
総行程容積 (L) 1,499
タンク容量 燃料タンク (L) 50
散水タンク (L) 200
低騒音指定状況 超低
排ガス指定状況 オフロード(2006年基準)
NETIS登録番号 KK-110047-VR

寸法図

タイヤローラー寸法図

上へ戻る

色・音・振動で工事をお知らせ 簡易式体感マット ピタリング
LED標識車(ロードパイロット)
ダンプのレンタル商品ラインナップ
春の新茶 通信販売はじめました