\ 春のアートフェア レンタル使用絵画 & 染人 小川良子作品 展示即売会 同時開催のご案内|お知らせ|株式会社レント

2018年02月19日

春のアートフェア  レンタル使用絵画&染人 小川良子作品 展示即売会 同時開催のご案内

2018年3月16日より開催 春のアートフェア レンタル使用絵画の格安販売およびフランス額装の展示即売

2018年3月16日より春のアートフェアを開催致します。
レンタル使用絵画の入れ替えに伴い、格安価格で展示販売いたします。この機会にぜひお好きな一品を見つけてください。ご多忙の折とは存じますが、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
※日本信販・JCB・VISAカード・マスターカードなどのクレジットなどが使えます。

お引越しや、進学・就職祝いのプレゼントに価値あるアート作品は如何でしょうか?

レンタル使用の絵画を驚きの価格で展示即売 30~90%OFF ご来場の先着100名様に粗品もプレゼント!!

  • 「天使の娘」 マリーローランサン

  • 「フローティング・オーキッド」 ヒロヤマガタ

  • 「野のポピー」 パルトゥシュ

  • 「「チューリップの花束」 コタボ

  • 「ポンヌフとノートルダム」 ディフォセ

  • 「ドリーマーズコテージ」 セルゴン

インテリア技法として、現在もフランスで親しまれる伝統工芸。『L’Encadrement(アンカードルモン/フランス額装)』を展示即売


「フェーブ 帽子」

L’EncadrementはArt de Vivre(生活芸術)

フランスでは、人々は日々の暮らしを大切にし、生活の場へのこだわりは、Art de Vivre (アール・ドゥ・ヴィーヴル/生活芸術)という言葉も生みました。その一つであるL’Encadrement (アンカードルモン/フランス額 装)は、フランス人のインテリア技法として、今もフランスで親しまれ、専門店や教室もたくさんあるフランスの伝統工芸の一つです。

L’Encadrementは額装のオート・クチュール

カルトンと呼ばれている厚紙をベースにして、紙や裏打ちをした布を素材として額の中に納める絵や写真等の作品をより魅力的に見せるために、作品と額縁の間に位置するマットと呼ばれる部分を装飾するインテリア技法です。作品を引き立てるために全体の調和を考え幾通りもある技法を工夫し、時間をかけて準備し、仕上げていきます。額装のオート・クチュール(特別仕立ての作品)と言えるこの技法で作成したマットに作品を入れて、額縁の中に納めて完成したときの嬉しさは格別です。

中に入れる作品は、有名な画家の画でなくても、日々の暮らしの中で大切にしている子供の画や、旅先の写真や絵葉書、または思い出になどで、それらを生活の中でインテリアとして愉しむことができます。これら、フランス人の生活に溶け込んでいる技法を用いて作成した作品を、暮らしの中で愉しむことができる工芸です。

  • 「街角」
  • 「ベルナール・ブデ・ド・モンベル」
  • 「つかまえて」
  • 「夜のメリーゴーランド」
  • 「プロペラ風額装」
  • 「赤いバラ」
  • 「ハイヒール」
  • 「フェーブ パン」

染人 小川良子作品展示即売会

フランス パリ サンジェルマン・デ・プレで個展を開催した、染人 小川良子氏の作品を特別展示即売

染人・小川良子は、染色を通じて生きてゆくことの美しさを表現します。心の声を聞き、人々に語り掛けるようにして、時に激しく情熱を燃やしながら紡ぎだされる純粋無垢な世界観が彼女の作品の大きな特徴です。古くから伝わる草木型染の技法と独自の感性を巧みに交差させ、全て一貫して手作業で構築される小川ならではの作品には、手染めならではの温もりと鋭いアート性が共存します。画面の上を走る優美な線一本一本には複雑な感情やストーリーが集約され、鑑賞者に伝えられます。四季折々に華やぐ草花や凛と佇む可憐な女性の姿など、深い眼差しで紡ぎだされる色とりどりの作品群は人々の心に深い感動を呼び起こすでしょう。自然や命に対する尊敬の念と清らかな愛のメッセージを胸に、日々布を染め、表現し続ける染人・小川良子。肉体的、精神的な愛の形を追求し、染めに己の生き様を映し、想いを伝える彼女ならではの、心に迫るドラマチックな世界観をご賞玩ください。


「灯り やぶ椿」
  • 「抱く (青)」
  • 「りんどう」
  • 「思ひ」
  • 「夕顔」
  • 「あじさい」
  • 「神楽とやぶ椿」
  • 「秋の風吹いて」

profile

小川良子氏
  • 1946年 静岡県大井川町(現焼津市)生まれ
  • 1964年 静岡県立静岡商業高等学校卒業
  • 1986年 第5回富嶽文化賞展入選、第41回新匠工芸会展奨励賞
  • 1993年 富嶽ビエンナーレ展入選
  • 1995年 富嶽ビエンナーレ展入選
  • 1997年 家庭画報「私の染め織り大賞」三田村環賞
  • 1998年 新匠工芸会会員、第52回新匠工芸会展佳作賞
  • 1999年 社会福祉法人恩賜財団済生会総裁 高松宮妃喜久子殿下より御親授を受ける
  • 2000年 静岡伊勢丹 想いの染衣「小川良子の世界」開設
  • 2002年 静岡がんセンターパネル作品設置
  • 2003年 世界遺産の地・イタリア・アルベルベッロにて個展開催
    三島市大場に工房りょう・スタジオ開設
    第39回民教協全国大会記念番組(SBS制作)
    「青のしずく・癒しの染色 世界遺産の地へ」全国放送
  • 2004年 スイス・ジュネーブでの日本大使館の日本文化月刊招待作家個展
  • 2013年 世界ギャラリーグランプリ ジュネーブギャラリー大賞
  • 2014年 第36回日本芸術選奨大賞(工芸部門)
  • 2017年 三島市さんしんギャラリー善 個展開催(企画・運営:公益財団法人 佐野美術館)
    第41回 國美藝術家協会賞 受賞
    フランス パリ サンジェルマン・デ・プレにて個展開催

開催日時

2018年3月16日(金)~18日(日) 9:00~18:00

開催場所

株式会社レント アートショップ内 アートギャラリー
〒422-8004
静岡県静岡市駿河区国吉田1-6-10

お問い合わせ

株式会社レント アートショップ
TEL 054-265-2272

インターネットでの
お問い合わせはこちら

会場アクセス

お車でお越しの場合

JR東静岡前より車で5分

国道一号線「国吉田」交差点(左手前側ヤマダ電機と左向側ガストの交差点)を左折、次の信号を右折、120mで右折してすぐ正面

清水方面から

国道一号線「国吉田」交差点(右手前側ガストと右向側ヤマダ電機の交差点)を右折、次の信号を右折、120mで右折してすぐ正面

国1静清バイパス

瀬名ICで降り、「瀬名IC」交差点を草薙駅方面に向かい1つ目の信号「瀬名川西」交差点を右折して、800m先瀬名川の橋を渡った「富士見橋」交差点を左折、700m先の橋を渡ったすぐの信号を左折、120mで右折してすぐ正面

公共交通機関でお越しの場合

静岡鉄道「県総合運動場駅」下車、徒歩約10分

駅の北口より右に進み国道一号線を越えて200m先(セブンイレブン)を右折して、つきあたりを左に折れてすぐ右に折れた右側

ゆとりとやすらぎの空間をあなたへ

  • 「インターメッツォⅢ」 ターカイ

  • 「ハッピーハッピーティータイム」 タナカイマコ

  • 「羽飾りの帽子」 アステックス

  • 「花香る風景Ⅰ」 ダニーロ・フェルナンデス

  • 「黄輝明星櫻」 中島千波

  • 「フルーツV」 エルマン

  • 「踊り子」 トーレル

  • 「人形」 サエキユウゾウ