コンプレッサの省エネ対策に!エア量・使用電力の無駄の見える化をお手伝い

コンプレッサの使用電力は工場の全使用電力の20%〜25%

一般的な工場のコンプレッサが使用する電力の割合は、全電力の20%〜25%と言われています。改正省エネ法施工により事業場単位から事業者単位に義務が課せられるようになり、中小規模の事業場を数多く設置する事業者も対象となりました。
東日本大震災以降、国内では製造の現場以外でも、より節電・省エネの意識が高まっています。

当社では、コンプレッサの省エネをお考えの企業様のために無駄の見える化をお手伝いするサービスをおこなっております。

超音波エア流量測定サービス

生産現場に必要な空気量の把握、難しいですよね?

コンプレッサの新設・増設時に必要な空気量が把握できなかったために、必要以上のコンプレッサを設備されている工場を多く見かけます。
しかし、生産に必要な空気量は増減することがあり、空気を過剰に作り出しエネルギーの無駄が発生しています。
本来、生産量に合わせて圧縮空気の供給を増減させ、エネルギー量も比例させることが理想です。

きめ細かく正確に流量を把握したいところですが、配管を切り設置する従来の流量測定には問題があります。

従来の流量測定の問題点

配管を切り設置する従来の流量計は、発生する弊害が大きい

もし、配管を切ることなく測定ができるとしたら、試す価値ありませんか?

当社の測定方法は超音波!配管を切らず、任意箇所の気体流量を計測可能。お客様の工場へ伺って測定いたします。

従来の液体ポータブル機と同じ感覚で、エアやガスの流量を外側から測定できます。
プルダウンメニューから配管の寸法などを入力し、専用治具を用いてセンサを設置するだけ。複雑な調整をする必要はありません。
記録した流量データはワイヤレスでパソコンに転送し、表計算ソフト上でグラフ化することができます。

配管を切らずにすぐ測定。省エネ診断からメンテナンスまで、そのコストパフォーマンスは絶大

超音波エア流量測定サービス3つの特長

1ラインを止めずに流量測定

設置にかかる費用と時間を大幅に削減。

2圧力損失ゼロ

コンプレッサに負荷をかけません

3ノルマル流量出力

変換器にて温度・圧力補正計算
固定値もしくは4-20mAアナログ入力を選択

接続図

測定原理

超音波センサは電気信号と超音波シグナルとを互いに変換することで、スピーカーとマイクロフォンを組み合わせたような働きをします。
本流量計では配管の外側に設置した一対のセンサが、超音波シグナルの発信と受信を、各々が交互におこないます。
流体が流れているときは、上流側→下流側のシグナルの方が、下流側→上流側のシグナルよりも速く伝搬します。
発信されたシグナルが、配管内の流体中を伝搬して、他方のセンサにて受信するまでの伝搬時間を計測し双方向シグナルの伝搬時間の差を計算します。
このとき「伝搬時間差が流速に比例する」原理を用いたのが、トランジットタイム(伝搬時間差)方式です。

測定仕様

測定流体 エア
配管口径 (A) 20〜300
配管厚さ 別表参照
配管材質 全ての金属と樹脂(ライニング管は不適)
測定精度※1 配管口径150A以上 ±1〜2%読値
配管口径150A未満 ±2〜5%読値
再現性 (%) ±0.2〜0.5%読値
測定流速範囲 正逆両方向、別表参照
レンジアビリティ 150対1 ※2
測定 ノルマル流量、実流量、質量流量、流速
温度範囲 (℃) 標準 -40〜+130

必要圧力および最大測定流量

配管口径 配管厚さ 必要圧力(MPaG) 最大測定流速(m/s)
20A ≦1.8mm 0.51 27.4
25A ≦3.6mm 0.51 27.4
40A ≦3.8mm 0.51 27.4
50A ≦4.1mm 0.51 27.4
80A ≦5.6mm 0.51 36.6
100A ≦6.1mm 0.51 36.6
≦8.6mm 1.34 36.6
≦17.3mm 2.17 36.6
150A ≦7.2mm 0.51 27.4
≦11.2mm 1.34 27.4
≦22.1mm 2.17 16.8
200A ≦8.4mm 0.51 24.4
≦12.7mm 1.34 24.4
≦22.4mm 2.17 24.4
250A ≦9.4mm 0.51 21.3
≦12.7mm 1.34 21.3
≦25.4mm 2.17 21.3
300A ≦9.7mm 0.51 16.8
≦12.7mm 1.34 16.8
≦25.4mm 2.17 16.8

測定結果を基にコンプレッサの最適化・圧力損失の見直しの効率的な解決をお手伝いします

必要エアに対して過剰な設備投資をしていませんか?
コンプレッサ最適化・サイズダウン

本当に必要な空気量を測定すれば、コンプレッサのサイズダウン、すなわち省エネにつながります。
流量測定の結果に応じて最適出力機へ変更。年間を通じて生産減の時期に合わせれば最小設備で省エネ・資産減につながります。
時期的な増産時はレンタルで補えば常にエアの最適化となります。

流量測定の結果に応じたレンタル機コンプレッサへサイズダウン

生産の変動に細やかに対応してコストダウン
圧力損失の見直し・分散化

圧損が予想される生産現場までの流量を測定し、その生産現場が使う流量にあった出力機をレンタルします。
生産の変動(ライン変更後・生産の増減など)の都度、再度流量測定します。結果次第でレンタル機を変更、もしくは返却できます。
外に置ける全天候型もありますので室内に設置する必要はありません。

超音波検出器 リークディテクターのレンタル

配管からの気体や液体の漏洩を超音波で高感度に捕らえる!パラボラ集音器付きの超音波検出器

超音波検知器にて配管などの圧損箇所を調らべませんか?難しい操作や設定は必要ないため、だれでも使用可能です。

省エネ・環境保全・安全対策に貢献

リークディテクターは、配管などからの気体や液体の漏洩、回転機軸受の傷や潤滑不良により発生する超音波を検出し、高感度に捕らえるパラボラ集音器付きの超音波検出器(携帯型操業支援ツール)です。
検出した内容をLEDバーグラフ、数値、音で表します。
漏れ箇所の特定や軸受異常を発見できます。設備の診断ツールとしてだけでなく、計装エアの漏れの発見といった省エネ対策、環境保全対策、または安全対策に有効なツールとしてもご利用いただけます。

レンタルだから生産状況に合わせた機種選定・変更が手軽におこなえます。柔軟性のあるコンプレッサの運用が実現できるため、CO2排出とコスト削減を両立できます。

生産に合わせたコンプレッサの最適化でコスト削減とCO2対策が両立できます。生産の少ない休日に平日と同じエア量を供給するのは無駄と思われませんか?

コンプレッサ設備の導入に購入やリース以外の選択肢もあります。レンタルを活用することで、コストを抑えながら設備を増強することが可能です。

オイルフリーコンプレッサ故障時の代替機をレンタルで確保!長期リスクヘッジ型年極レンタル

レンタルで効率的な経営

レンタルでコスト削減

レンタルで柔軟に対応

レントなら

オイルフリー仕様・ドライヤ付など各種モーターコンプレッサを、0.75kW〜75kWクラスまで取り揃えました。

レシプロコンプレッサ一覧0.75kW〜11kWスクロールコンプレッサ一覧1.5kW〜11kWスクリューコンプレッサ一覧5.5kW〜75kW

様々な種類・能力のコンプレッサをはじめエアドライヤ・フィルターなど周辺機器もご用意しております。

レシーバータンク可搬型レシーバータンク高性能ドライフィルター活性炭フィルター

ミストフィルターラインフィルターエアドライヤ(大型空冷式)エアドライヤ(小型・中型空冷式)

お問い合わせフォーム営業所一覧

上へ戻る