買換え予定のバッテリー、再生してみませんか?

事前検査を実施し、診断結果により再生判断再生できなくても各種サービスをご提供

再生の大まかな流れ

再生処理前に事前検査を実施し、診断結果により再生判断をおこないます。
レントのバッテリー再生サービスは事前検査(簡易的に現状を知る)をおこなった後、当社に受入し、受入放電試験(細かく現状を知る)→再生実施→再生後放電試験(再生結果の検証)という流れでおこないます。事前検査及び放電試験の結果によっては、再生をおすすめしない場合もありますが、新品・再生バッテリーの販売や廃棄バッテリーの買い取りサービスもおこなっております。
※買い取りは鉛バッテリーに限ります。

バッテリー再生の流れ

再生結果の検証(処理後検査)

再生処理完了後は、BDT装置によって容量試験を実施します。
JIS基準に沿った容量試験をおこなう事によって、正確な状態を把握する事ができます。

新品蓄電池バッテリーの劣化は物理的原因と化学的原因の2種類
劣化

分子のイオンが消失し、結晶化してしまっている。
良好な分解がおこなえない状態。

再生

サルフェーションが分解された状態

まずは、事前検査でバッテリーの現状把握を!事前検査のみのご依頼も承ります。

バッテリーの劣化は物理的原因と化学的原因の2種類

バッテリーの現在の状態をご存知ですか?事前検査で状態を知ることは、運用の選択肢を広げます。

使用に支障をきたすほど、バッテリーの劣化が極端に進行した状態では、再生作業をおこなっても回復が見込めない可能性があります。

バッテリー再生を視野に入れた場合、適正時期の見極めが効率的な運用につながります。

バッテリーの劣化状態をチェックすることで、作業効率悪化の回避につながります。
新品交換による突発のコスト発生を回避できます。
バッテリー再生の最適時期を把握することで、最良の判断につながります。

バッテリーの定期的な検査のご案内

レントでは、バッテリーを定期的に事前検査して頂くことで状態をチェックし、交換・再生の選択を適切に判断するためのサポートをおこなっております
バッテリーの劣化が極端に進行した状態では、再生作業をおこなっても回復が見込めない可能性がございます

バッテリーの劣化が極端に進行した状態では、再生作業をおこなっても回復が見込めない可能性がございます

現時点では再生が可能なバッテリーでも、劣化が進んでしまうと、再生が不可能になります。
再生に適さない場合、廃棄・新品のバッテリーを交換するしか選択肢がなくなり、高額な費用が発生してしまいます。

検査を定期的におこなうことでバッテリーの運用に様々な選択肢が生まれます

バッテリーの寿命まで使い切ってしまう運用ではなく、再生を取り入れた継続使用のサイクルで運用をしていくためには、バッテリーの状態をチェックすることが重要です。
レントでは、バッテリーの状態をチェックし、交換・再生の選択を適切に判断するためのサポートをおこなっております。定期的に事前検査していくことが、エコ&ローコストな適時適切運用につながります。
劣化が進行し寿命を迎えてしまう前に、予防再生をおこなうことで、バッテリーの回復率は向上します。
コスト削減や環境対策に有効なバッテリー再生を、まずは事前検査から始めてみませんか?
事前検査は、お客様の現場でおこなえます。

定期的に状態を把握エコ&ローコストな運用を実現事前検査の結果で最適な選択肢を探る

事前検査の診断結果で運用の方向性判断をサポート

事前検査では、以下の項目について点検します。
診断結果から、バッテリーの状態をチェックすることで、最適な対処方法を探ることが可能です。

バッテリーハイテスター
外観検査
内部抵抗値測定
液比重測定
端子電圧測定

フォークリフトバッテリーなど産業機械駆動用の場合は、バッテリーハイテスターを用い、UPS(無停電電源装置)など据置蓄電池の場合は、蓄電池劣化診断機、赤外線温度計、水素ガス検知器などを用いて点検し、診断報告書から、再生についての判断をおこないます。
1セル毎に診断しますので、各セルごとの良否の判断がおこなえ、劣化しているセルのみを交換するという、ジャストな対処も可能となります。
また、劣化が進行し、再生不向きと判断した場合は、新品もしくは再生バッテリーの販売や、廃棄バッテリー(※)の買い取りをおこなっております。
※買い取りは、鉛蓄電池に限ります。

事前検査を取り入れてバッテリー機器を運用することは、再生の可能性を高め、廃棄物の削減およびトータルコストの低減につながります。

バッテリーの劣化は物理的原因と化学的原因の2種類

サービス1再生場所はお客さまのご都合に合わせて選べます

運搬にご心配がある場合は、現地で再生作業をおこなうことが可能です。
再生時にお客様のお仕事に支障が出ないよう、一時的な代替電源としてのバッテリーもご用意いたします。
※ フォークリフト用・搬送機械用などの小型バッテリーにつきましては、レント工場内の作業とさせていただきます。

レント内で再生の場合
レントとお客様事業所での作業流れ
現地で再生の場合
レントとお客様事業所での作業流れ

サービス2廃棄バッテリーの買い取り

当社では、お客様が廃棄予定の鉛蓄電池を、有価物として買い取るサービスもおこなっております。
ゼロエミッションの観点からも、産業廃棄物とせずに処分できるメリットがあります。
買い取らせていただいたバッテリーは、一時的な代替用途などに利用させていただきます。
フォークリフトなど、産業用鉛蓄電池で廃棄に困っているバッテリーがありましたら、一度お問い合わせください。
(自動車のバッテリーについては、申し訳ありませんが買い取りをお断りしております。
また、バッテリーの種類や程度によっては、買い取りをご遠慮させていただく場合がございます。)

サービス3新品バッテリー・再生バッテリーの販売とセル交換

事前検査の結果、バッテリー再生が不向きであった場合、当社では新品・再生バッテリーの販売もおこなっております。
また、一部セルの交換修理でバッテリー再生が可能な場合、セルの販売も対応しております。

掲載データ資料は、(株)B.R.S.からの提供によるものです。

静岡管理センター

実際に「静岡管理センター」をご視察されてみませんか?

静岡管理センターのご見学を受け付けております。
ご希望される方は、下部リンク先のお問い合わせフォームに「管理センター見学希望」とご記入ください。 をご覧いただけます。
お問い合わせフォーム営業所一覧

上へ戻る