簡易式体感マット ピタリング

登録番号:TH-040016-VE

道路工事の交通規制を
色・音・振動で
事前に注意喚起して安全確保

「居眠り・脇見運転車両」などのリスクから現場を守る交通規制道路工事保安用品

道路工事箇所など交通規制位置の手前に設置

交通規制を伴う道路工事では通常、規制区間の前方に予告看板や標識が設置されていますが、「居眠り・脇見運転」などに起因する「追突事故」は後を絶えません。
簡易式体感マット「ピタリング」は、道路工事箇所など交通規制位置の手前に設置することで、厚さ1cmの凹凸が通過車両へ「振動+音」を与え、未然にドライバーへ注意喚起を促し、第三者の不注意によるもらい事故防止に効果を発揮します。
工事看板と併用することにより、工事箇所付近であるという一般ドライバーへの注意意識をさらに向上させるという効果も期待できます。

粘着固定なしで使用可能なことで生まれる設置場面におけるメリット

従来型の「帯形状の体感マット」では、接着剤や両面テープ等による粘着固定が必要でしたが、ピタリングは粘着固定をおこなわなくても使用可能です。
更に安定性を確保したい場合は、市販の両面テープ等粘着材で固定して使用することもできます。

設置場面におけるメリット

ピタリングは雨で濡れた路面にも使用できます

使用できる路面状態は、濡れ路面・乾燥路面・切削路面。
雨の日の道路面にも使用でき、突然の雨でも安心して使用できます。

従来品

従来品
濡れ路面/切削路面では粘着効果を発揮できないため、使用が困難

作業時間の大幅な短縮

粘着固定を必要とせず、従来製品と比べ、設置・撤去作業に要する時間が大幅に短縮でき(従来の1/9)、危険な路上での作業を軽減します。

従来との設置手順と作業時間の比較

従来の「帯形状の体感マット」と「円形状のピタリング」の比較です。

従来工法

  • 1路肩にて体感マットに両面テープ貼付け
  • 2交通整理員による交通規制の開始
  • 3体感マットの設置
  • 4交通規制の解除
  • 5設置完了
所要時間
設置:1.5分 撤去:1.5分
合計:3.0分

ピタリング

  • 1路肩など広いスペースで前もって組立
  • 2車の流れを見て設置

    ※必要に応じて交通整理員を配置

  • 3設置完了

所要時間
設置:10秒 撤去:10秒
合計:20秒

ピタリング組立
ピタリング設置

ピタリングを使用すれば設置・撤去作業時間が従来の約1/9程度に!!

面倒な固定を必要としません。撤去も簡単におこなえます。

使用場面におけるメリット

「めくれ上がり」が少ない

円形状の集合体を採用することにより、通過車両の衝撃を効率よく分散しています。
僅かな設置面で抵抗力を最大限に発揮し、粘着剤なしでも通過車両による「めくれ上がり」が少なく高い安定性を確保しています。

耐熱性・耐寒性が高い

ピタリング本体は、ダイオキシンの発生しない非塩ビ素材で、高耐熱性、高耐寒性を持つオレフィン系エラストマー使用。

視認性が高いオレンジ色

色は視認性が高いオレンジ色です。

使用形状の多様化

ジョイント構造を採用することにより、幅員、道路状況に合わせた組合せ(60cm単位の調整)が可能。
ジョイントを外すことで、コンパクトに収納できます。

参考設置例

ピタリングはジョイント構造を採用しているので、幅員、道路状況に合わせて組み合わせ自在。
本体にジョイントを差し込むだけで簡単に組み立てできます。
レンタルは10個1セットとなります。

ピタリング

7個連結
7個連結
幅:2.4m ジョイント使用数:11

9個連結
10個連結
幅:3.3m ジョイント使用数:17

13個連結
13個連結
幅:3.0m ジョイント使用数:26

ピタリング・エイト

10個連結
10個連結
幅:3.0m ジョイント使用数:13

1列での使用は「めくり上がり」「移動距離の増加」に繋がりますので、2列以上での設置が基本となります。

道路工事以外にも広がる活用場面

道路工事以外でも、大型ショッピングセンターの駐車場や、公共施設構内などでよく見かける「ハンプ(道路面凹型または凸型にした舗装)」の代用品として活用することもできます。

公共工事に有利!NETIS登録技術搭載

NETIS登録技術の活用で加点が望めます

工事成績評定に最大3点の加点

試行申請型(請負契約締結後提案の場合)および施工者希望型の公共工事のにおいて、施工者がNETISに登録された技術の活用を提案し、実際に工事で活用された場合、活用の効果に応じて工事成績評定での加点の対象となります。

「有用な新技術」や「事後評価未実施技術」は、従来の技術と同程度の効果であっても1点の加点。
登録番号:TH-040016-VE
「有用な新技術」とは?

公共工事などにおける新技術活用システム実施要領で定める「推奨技術、準推奨技術、評価促進技術、活用促進技術、活用促進技術(旧実施要領)、設計比較対象技術(旧実施要領)、少実績優良技術(旧実施要領)」です。

総合評定方式でも入札の評価対象

評価方法、配点などについては提案をおこなった地方整備局などによって異なります。

施工者からの活用提案による加点について
NETIS(新技術)区分 工事成績評定
※活用効果調査結果提出必須(-VEを除く)
総合評価落札方式
事後評価未実施技術
(-A)
活用の効果が
相当程度
+3点
(実加点1.2点)
新技術活用において加点あり。
※地方局により異なる。
活用の効果が
一定程度
+2点
(実加点0.8点)
活用の効果が
従来技術と同程度
+1点
(実加点0.4点)
事後評価実施済技術
(-V、-VE、-VR)
活用の効果が
相当程度
「有用な新技術」以外 +2点
(実加点0.8点)
「有用な新技術」 +3点
(実加点1.2点)
活用の効果が
一定程度
「有用な新技術」以外 +1点
(実加点0.4点)
「有用な新技術」 +2点
(実加点0.8点)
活用の効果が
従来技術と同程度
「有用な新技術」以外 +0点
「有用な新技術」 +1点
(実加点0.4点)

2015年10月現在 レント調べ

仕様表

商品コード 245035
商品名 簡易式体感マット ピタリング
メーカー 上北建設
メーカー名称 簡易式体感マット ピタリング
型式 ピタリング ピタリング・エイト
寸法 (mm) 本体:直径×厚 φ600×10
ジョイント:長×幅×厚 130×17×2
重量 (g) 本体 約920 約870
ジョイント 約3
本体 オレンジ
ジョイント ブラック
本体側ジョイント差し込み穴 (箇所) 6 4
セット内容 本体10個、ジョイント17個 本体10個、ジョイント13個
NETIS登録番号 TH-040016-VE

ピタリング寸法図

ピタリング寸法図

ピタリング・エイト寸法図

ピタリング・エイト寸法図

あまり浸透していない地域での使用に際して

「体感マット」という保安用具が、あまり浸透していない地域での使用に際しては、急ブレーキなどのめくれにすぐ対応(マット補正など)できるように、交通誘導員または徐行旗誘導員から目の届く範囲内での設置が最適です。

使用上の注意

上へ戻る

簡易式体感マット ピタリング
茶処・静岡より産地直送 静岡茶で和みの時間 通販サイト レント茶舗
NETIS登録商品 レンタルラインナップのご紹介
弱酸性次亜塩素酸水溶液キエルキン