水中ポンプに関するミニ知識

水中ポンプの能力

吐出量、揚程、ポンプ形状と比速度、ポンプ軸動力の4要素で表されます。
単位は次の通りです。

動力を求めるとき基本となるのはポンプの揚水量と全揚程です。
粘度濃度などもポンプ性能だけでなく動力にも影響されます。

使用ポンプに必要な発電機容量

定常時発電機容量kW=ポンプ定格出力kW×約1.25倍
始動時発電機容量kW=ポンプ定格出力kW×約3倍

発電機を選定の事例
8インチ水中ポンプ(3相200V 出力11kW)を3台使用する場合の求め方と計算式は以下の様になります。

直接配線の場合

必要発電機kVA≧11kW×3台×3倍(始動時)× 1(定格出力kW)/0.8(定格出力kVA×力率) 必要発電機kVA≧99×1/0.8=123.75
結果よって125kVA以上の発電機が必要となります。

分電盤の使用の場合

必要発電機kVA≧(11kW×1台×3(始動時))+11kW×1.25定常時×2台×1(定格出力kW)×0.8(定格出力kVA×力率)
必要発電機kVA≧(33+27.5)× 1/0.8 =75.625
結果よって80kVA以上の発電機が必要となります。

キャブタイヤの選定方法

ポンプ本体に付いているキャブタイヤ以上のスケアのものを御使用ください。

ポンプ定格出力 定格電流 キャブタイヤ 長さm/スケア
kW アンペアA 10m 20m 30m 40m 50m 60m 70m 80m 90m 100m 110m 120m 130m 140m
0.4 1.8 0.75 0.75 0.75 0.75 0.75 0.75 1.25 1.25 1.25 1.25 1.25 2.0 2.0 2.0
1.5 6.2 1.25 1.25 1.25 2.0 2.0 3.5 3.5 3.5 3.5 5.5 5.5 5.5 5.5 5.5
2.2 8.2 2.0 2.0 2.0 3.5 3.5 3.5 5.5 5.5 5.5 5.5 8.0 8.0 8.0 8.0
3.75 14.4 3.5 3.5 3.5 3.5 5.5 5.5 8.0 8.0 8.0 14.0 14.0 14.0 14.0 14.0
5.5 21.1 5.5 5.5 5.5 5.5 8.0 8.0 14.0 14.0 14.0 14.0 22.0 22.0 22.0 22.0
7.5 27.9 8.0 8.0 8.0 8.0 14.0 14.0 14.0 14.0 22.0 22.0 22.0 22.0 30.0 30.0
11 47.6 14.0 14.0 14.0 14.0 22.0 22.0 22.0 30 30 30 38 38 50 50

上記スケア以外でご使用になるとモーターの焼付け、発電機故障等問題が生じる事があります。

揚程(高さ)と横引きとの関係

サクションホース等で横引きする場合、横引10mに対して揚程が約1m低下します。

水中ポンプのラインナップ

上へ戻る

水中ポンプ(電極式自動運転型)
オイルガード(タイヤ付)
弱酸性次亜塩素酸水溶液キエルキン
業務用お茶販売中