電磁波レーダー方式コンクリート埋設物・鉄筋探査機ストラクチャスキャン
3D可視化ソフト探査例

X線(レントゲン)での探査と比較して、片面から探査可能 フイルム不要、素早い探査 60cm角約4分、どなたでも探査可能 免許も不要、安全で、スライス画像も簡単解析

CD管(壁の表側から)

透視画像表面0cm〜20cmスライス画像表面0cm〜4cmスライス画像表面2cm〜6cmスライス画像表面4cm〜8cm

2D断面画像上部画像の断面(ライン9)

マイグレーション処理波形(参考画像)通常の2D断面波形

2D画像では表示が不鮮明で判定が困難

X線とSIR-EZ比較画像

X線投影データ

右画像の白点線部分が
X線投影部分

3D可視化ソフト測定データ

SIR−EZの探査時間約4分(60cm×60cm)

CD管(壁の裏側から)

上図表面探査の少し上部位置をコンセントボックスの裏面から探査

透視画像表面0cm〜20cmスライス画像表面6cm〜10cmスライス画像表面8cm〜12cm

2D断面画像左画像の面(ライン4)

マイグレーション処理波形

2D画像では表示が不鮮明で判定が困難

スラブの電配

透視画像表面0cm〜20cm全透視画像(カラー配色)
スライス画像表面14cm〜18cmスライス画像(カラー配色)

2D断面画像上部画像の断面(ライン18)

マイグレーション処理波形(参考画像)通常の2D断面波形

CD管があるが断面表示では判断困難。3D表示でCD管画像が判断可能に!

探査困難なCD管が解析しやすい

CD管が見えにくい理由

CD管(ジャバラ)内の配線は内部を波を打つように配線されているため、電波が電線に当たる箇所と当っていない箇所の違いから所々表示が薄くなっていると推測されます。

(上部に空気層《比誘電率:1》が存在した場合、空気中を進むスピードがコンクリート内に比べ速い為、配線《比誘電率:∞》と打消し合う信号合算が生じ、一部の映像が見えなくなることが多い)

スライス画像で見やすく

全深度透視図で確認できなかったCD管は、スライス画像で容易に確認可能です。スライス(4cm幅)で受信信号のみを最適な感度に自動調整し、CD管などの微弱な受信信号を増幅し更に見え易く表示します。

デッキプレート

透視画像表面0cm〜40cmスライス画像表面6cm〜10cmスライス画像表面8cm〜12cmスライス画像表面10cm〜14cm

自動で理想感度と正確な深度をスピーディに表現

マイグレーション処理波形(参考画像)通常の2D断面波形

2D画像では表示が不鮮明で判定が困難

上へ戻る

測量機器校正証明書付レンタル/測量機器預かり校正
ハンドパレットトラックスケール
買い替え予定のバッテリー、再生してみませんか?
業務用お茶販売中