高周波バイブレーター自動運転システム オートマチックドライブシステム

起動・停止が自動でできるバイブレーター余計な振動がなくコンクリート締め固めの作業改善が実現!

従来の締め固め作業の問題点

コンクリート打設にある問題背景

現

バイブレーターの挿入を繰り返し作業する間や次の生コンを待つ間、操作者は振動したままのバイブレーターを保持している

コンクリート締め固めの多くの現場ではバイブレーター操作者とスイッチ操作とケーブルをさばく補助者で作業がおこなわれています。
打設中はバイブレーターの抜き差しの度にスイッチを入切するのが難しい現実があります。そのため、バイブレーター操作者は、バイブレーターの挿入を繰り返し作業する間や次の生コンを待つ間、振動したままのバイブレーターを保持していることになります。

問題点1:長い空転時間が発生することでモーターの焼損発生が起こりやすい

STOP

スイッチ入切をこまめにおこなえない背景下、多いトラブルとしてモーターの焼損がありました

バイブレーターの振動体はコンクリートに挿入されることで冷却されます。
打設作業の中で打設ポイントの移動の際や生コン投入待ち時間中にバイブレーターが空転させる時間が発生しています。コンクリート外で空中運転が5分以上になると、さわれない程熱くなり、モーターが焼損します。
使用される環境と機械の特性ゆえに、バイブレーターはモーター焼損の危険性を内包しています。

機材の故障は、現場の作業時間の無駄を発生させるうえ、修理コストの発生も招きます。

問題点2:振動工具を使用する作業が長時間に及ぶと振動病(白ろう病)などの振動障害を発症

現

バイブレーターの振動も他なりません

スイッチ入切をこまめにおこなえない背景下、バイブレーター操作者は、コンクリートにバイブレーターを挿入する時間以外にも振動したバイブレーターを保持し、身体に振動を受けてしまいます。

作業者の健康被害は企業にとって大きな損害。労働災害などのリスクもはらみます。

自動運転でコンクリート締め固めを改善するオートマチックドライブ

高周波電源を利用しバイブレーターの起動停止を自動でおこなうオートマチックドライブシステム

起動:バイブレーターをコンクリートに挿入
停止:バイブレーターをコンクリートから抜く

バイブレータの振動体がフレッシュコンクリートに接触する事で振動を開始し、フレッシュコンクリートから振動部を引き抜く事で振動が停止します

オートマチックドライブシステムは高周波電源を利用しバイブレーターの起動停止を自動でおこなうシステムです。
高周波バイブレーター自動運転システムのセンサー検出範囲は現場状況によって異なりますが、専用高周波バイブレーターの作業範囲内で使用することができます。

メリット1:モーター焼損の解消

故障による作業の中断や、修理費用の発生が起きにくい

バイブレーターがコンクリート外にある間は振動が停止するので、空中運転がなくなり、振動体が熱を持ち難く、モーター焼損が起こりません。

メリット2:振動時間短縮により振動障害を防止

振動障害防止、作業者の疲労軽減に役立ちます

バイブレーターの抜き差し作業に合わせて、自動で起動・停止するので、バイブレーターがコンクリート外にある間は振動が停止。引き上げている際には、ホースを持つ手に余計な振動を受けることがなくなり、振動障害防止、作業者の疲労軽減に役立ちます。

メリット3:現場電力の省エネ化

無駄に電力を消費していた空中運転がない

バイブレーターがコンクリート外にある間は振動が停止するので、無駄に電力を消費していた空中運転がなくなり、現場電力の低減ににも役立ちます。

メリット4:細かなスイッチ操作の手間を簡略化

補助者のスイッチ入切の手間を削減

自動運転によってスイッチをON/OFFする手間が軽減できます。

構成

オートマチックドライブシステムの構成

高周波電源と専用高周波バイブレータ(ADV)間に、ADVがフレッシュコンクリートに接触した事を感知するボックス部(ADS)を接続して使用します。

低電圧設定で安全性を確保

自動運転システムの感知電圧は感電の危険性がない低電圧に設定しております。そのため、安全に打設作業が可能です。

仕様表

商品コード 221460
商品名 オートマチックドライブシステム
メーカー エクセン(EXEN)
メーカー名称 高周波インナー(高周波フレキ)自動運転システム ADS
型式 ADS
入力電圧 (V) 48
電流(A) 3
コンセント口数 2
寸法 L×W×H (mm) 182×256×120
重量 (kg) 6.75

寸法図

寸法図

注意事項

基本的には高周波バイブレータがセンサーを感知しない状態にある場合は自動的に運転開始することはありませんが、休憩時間など高周波バイブレータから離れる場合は、誤動作防止のために必ず高周波バイブレーター(ADV)の中間スイッチのOFFと電源装置のインバータ電源OFFを徹底してください。

関連商品 (専用高周波インナーバイブレータ(ADV))

商品コード 221465 221466
商品名 ATクドライブシステム用インヘッダーφ40 ATクドライブシステム用インヘッダーφ50
メーカー エクセン(EXEN)
メーカー名称 建設工事用バイブレータ/高周波フレキ(インナーバイブレータ) ADV
型式 ADV40VA ADV50VA
出力(W) 250 400
ホースの長さ:B (m) 6
電圧 (V) 48
電流 (A) 5.5 9.0
周波数 (Hz) 200/240
振動数 (Hz) 200/240
振動部長さ:A (mm) 330 380
振動部径 (φ) 43 52
コード長さ:C (m) 15 15
質量 (kg) 12.7 15.6

寸法図 (専用高周波インナーバイブレータ(ADV))

専用高周波インナーバイブレータ(ADV)寸法図

関連商品 (高周波発電機)

商品コード 221240 221280
商品名 高周波発電機 高周波発電機50×3
メーカー 三笠産業 エクセン(EXEN) エクセン(EXEN)
型式 FG-200 HAG121MF HAG122MF HAG134MH HAG136MF
出力 (kVA) 1.9 2.0 2.2 3.4 3.6
電圧 (V) 48
電流 (A) 22.9 24.0 26.5 40.9 43.3
周波数 (Hz) 240
エンジン出力 (PS) 3.5 2.9 3.2/2.2 4.8 4.7〜6.3
出力コンセント数 2 3
外形寸法 (mm) 475 530 539 539 539
370 400 520 439
430 469 439 460 520
重量 (kg) 27 32 33 38 46
適応機種 ※インヘッダー60mmを除く全機種 全機種

関連商品 (高周波インバーター、高周波用分電盤、コードリール、無線配電箱、中間コード)

商品コード 商品名 備考 適応機種
221100 高周波インバーター ※インヘッダー60mmを除く全機種
221130 高周波インバーター200 全機種
221101 高周波インバーター警告機能付 ※インヘッダー60mmを除く全機種
221340 高周波分電盤 全機種
221310 高周波用コードリール
221320 高周波用リモコン(無線配電箱)
221350 高周波中間コード20m 長20m×径5.5mm2
221360 高周波中間コード30m 長30m×径8.0mm2

使用方法と打設前の確認

コンクリート打設前にオートマチックドライブシステムのボックス部(ADS)が問題なく動作する事を必ず確認してください。

※ 高周波バイブレーター(ADV)の電源はOFFの状態で確認できます。

オートマチックドライブシステム

バイブレーターの確認

オートマチックドライブシステムの構成を取付けた後、高周波電源の電源を入れてください。
ADSの電源ランプ(緑色)が点灯した事を確認の後、ADS付属のセンサクリップをバイブレーター(ADV)の振動部に接触させます。接触させた際、ADSの出力ランプが赤く点灯していれば自動運転可能です。

※ この際、高周波バイブレータ(ADV)の電源はOFFの状態で確認できますが、ONの場合はバイブレーターの振動確認も可能です。

現場にて打設前の確認

オートマチックドライブシステムの構成を取り付けた後、高周波電源の電源を入れてください。
ADSの電源ランプ(緑色)が点灯した事を確認の後、ADS付属のセンサクリップを打設付近の導電性の鉄筋やてぐす型枠に取り付けます。
その後、バイブレーターの振動体をコンクリートを投入する現場の鉄筋やてぐすに接触させます。
接触させた際、ADSの出力ランプが赤く点灯していれば自動運転可能です。
※ この際、高周波バイブレーター(ADV)の電源はOFFの状態で確認できます。ONの場合は高周波バイブレーターの振動確認も可能です。

順序

上へ戻る

NETIS登録商品 レンタルラインナップのご紹介
水中ポンプ(電極式自動運転型)
大問題に発展する発電機からのオイル漏れ養生していますか
弱酸性次亜塩素酸水溶液キエルキン
業務用お茶販売中