サーバーラックマウント専用 サーバーリフト(手動式)

安全な作業で作業者や顧客の負傷や、IT機器の破損を未然に防ぐ

IT機器の設置・撤去作業における問題

サーバーラックマウント専用 サーバーリフト(手動式)

データーサーバーやストレージなどのIT機器は重量物で、データセンターやサーバー室でそれらを設置・撤去するのは体に負担のかかる作業です。また、高価な機器も多く、落下による破損など起こらないように確実な作業が必要です。

作業者に負担の大きいラッキング作業には、作業者の負傷や取り扱う機器への危険が潜んでいます。

高価な重量物だからこそ潜む危険

安全にまつわる問題
  • 重量物持ち上げ時のぎっくり腰
  • 機器の落下による作業員の負傷
コストにまつわる問題
1
作業員負傷や機器の破損は企業にとって大きな損失

IT機器の破損が数百万円の損害につながることや、作業者の負傷が労災になるなどの事例もあります。

厚生労働省から示された「職場における腰痛予防対策指針」

休業4日以上の職業性疾病のうち6割を占める職場での腰痛にたいして、厚生労働省は、平成6年9月に「職場における腰痛予防対策指針」を示し、主に重量物を取り扱う事業場などに対して、啓発や指導をおこなってきました。平成24年6月18日に改定された同指針の「別紙 作業態様別の対策」において、下記の記載があります。

1
満18歳以上の男子労働者が人力のみにより取り扱う物の重量は、体重のおおむね40%以下となるように努めること。

職場における腰痛予防対策指針
別紙 作業態様別の対策 I 重量物取扱い作業 - 1 自動化、省力化 より抜粋

しかし、現状はその重量を上回るサーバーやIT機器が多く存在している

作業に最も多く従事していると思われる対象の平均体重は約70kgでした。
このことから、ひとりで取り扱える物の重量は28kg以下ということになります。

日本人男子26-29才 平均体重68.9kg
日本人男子30-39才 平均体重70.0kg

厚生労働省 平成23年国民健康・栄養調査報告より

また、同指針には下記の記載もあります。
”満18歳以上の女子労働者では、さらに男性が取り扱うことのできる重量の60%位までとすること。”
体重の40%の重量を超える重量物を人力のみで取り扱わせる場合、”適切な姿勢にて身長差の少ない労働者2人以上にて行わせるように努めること。この場合、各々の労働者に重量が均一にかかるようにすること。”

2
重量物の取り扱い作業については、適切な動力装置等により自動化し、それが困難な場合は、台車、補助機器の使用等により人力の負担を軽減することを原則とすること。

職場における腰痛予防対策指針
別紙 作業態様別の対策 I 重量物取扱い作業 - 2 人力による重量物の取扱い より抜粋

一般的な揚重・運搬の補助機材は昇降操作の補助のみで作業全体の改善は難しい
昇降操作のみでスライド機能がない

一般的な揚重・運搬の補助機材としてはハイリフトがあり、サーバーのラッキングに使用されています。しかし、ハイリフトは昇降操作が省力化できますが、リフトからサーバーラックへ移して設置する作業は人力となります。そのため、サーバーのラッキング作業全体の課題解消にはなりません。

サーバーラックマウント専用 IT機器設置・撤去専用リフトでスムーズで安全・確実な作業を実現

1人でもラッキングできる専用設計で安全作業とコスト削減を両立

サーバーラックマウント専用 サーバーリフト(手動式)
取り扱い機種は、手動式の機種となります。

これらのさまざまな危険や課題を解決するために、データセンターやサーバー室などにおけるIT機器の設置・撤去作業に特化して設計されたのが、ラックマウント用リフトです。IT機器をラックへ実装する専用設計のため、作業が安全におこなえ、作業者の負傷やIT機器の破損を未然に防ぎます。1人でも安全にラッキングができ、人件費低減につながります。

サーバーラックマウント専用 サーバーリフト(手動式)

159kgの機器を2.44mの高さまで持ち上げる

プラットフォームは左右に15cmスライド可能

サーバーラックマウント専用 サーバーリフト(手動式)

サイドシフトプラットフォームは、左右に15cmスライド可能なためIT機器のラックへの実装が容易です。

事例のご紹介

某ネットワーク運営管理会社データセンター

顧客や関連会社から寄せられるサーバー移設などさまざまなオペレーション要求対応業務。サーバーの増設や取りはずし、筐体交換など、サーバラックからサーバーを取りはずす作業が1日に数件発生しておいででした。

業務は伸びているが、作業の増加による費用の発生と品質の低下が発生

基本的に2名の人員で対応する体制でしたが、業務の伸びにより、2名での対応体制では間に合わない事が多発していました。担当者の増員が難しく、外部へ人員を要請すると費用が発生し、時間がかかることもあるため、解決策を模索しておいででした。

サーバーリフト導入後の効果
サーバーラックマウント専用 サーバーリフト(手動式) コスト削減

外部に人を要請することが無くなった。

サーバーラックマウント専用 サーバーリフト(手動式) 時間短縮

外部に人を要請することが無くなった。

サーバーラックマウント専用 サーバーリフト(手動式)労働環境の改善

従業員の肉体的リスクの低減

仕様表

商品コード 234988
商品名 サーバーリフトSL-350手動式
メーカー serverLIFT社
メーカー名称 ラックマウント用リフト ServerLIFT
型式 SL-350Xi
積載重量 (kg) リフト中央積載時 159
リフト両端積載時 91
プラットフォーム寸法 (mm) 高さ 最低高 135
最高高 2,440
530
奥行き[可動部] 610[370]
可動幅 片端 152
全幅 (mm) 620
全長 (mm) 1,120
全高 (mm) 縮小時 1,730
伸長時 2,810
重量 (kg) 176.9

上へ戻る

クリーン環境下で必要な機材レンタルできます
弱酸性次亜塩素酸水溶液キエルキン
保管資材・梱包機器のレンタル商品ラインナップ
業務用お茶販売中