鉄骨建方作業器具 チェーンエコライザー/コラムロック

鉄骨建方作業が確実に、効率良く行えます

チェーンエコライザーは鋼構造物や鉄骨コラムを簡単な操作で、素早くバランス吊りができます。
また、コラムロックを接続することにより、玉掛けの取り外し作業が遠隔操作でおこなえます。

チェーンエコライザー簡単な操作でバランス吊りが行えます。

横吊クランプ接続例

ジョイント簡単、時間と工数の大幅な低減

吊り荷によって、両端の専用ジョイントカップリングとシャックルを使い分ける事により、鉄骨柱、横梁を各々接続することが可能です。
(鉄骨横梁の吊り上げ時には横吊クランプを、鉄骨柱吊り上げ時にはコラムロックを、おすすめします。)
また、吊り上げ角度(最大60°以内)、その他の関係で長尺のチェーンを必要とする場合も簡単に接続することができ、大幅な経費・時間節減につながります。

安全構造

安全構造

万一、不注意により作業中、片方の玉掛けが外れても、吊り上げ構造物がすぐに本体からチェーンが抜け外れることのないよう設計されており、吊り荷及び玉掛け器具類の落下事故を防止します。
コラムロックと併用する事で、玉掛けの取り外し作業を高所ではなく、作業床でおこなえるため、作業者の安全確保につながります。

※クレーン等安全規則に対応できる安全率5倍以上で製作されています。

コラムロック/高所での玉掛けの取り外し作業が作業床でできる遠隔操作方式。鉄骨組立作業の安全性を格段に向上させます。コラムロック

遠隔操作方式

高所での玉掛けの取り外し作業が、操作ロープにより作業床から簡単におこなえます。
作業者の安全確保はもとより、作業床で操作をおこなうことにより、玉掛けの取り外し作業をすばやく、効率良くおこなえ、大幅な作業時間の短縮になります。

従来の方法から、コラムロックを使用した方法へ

従来の方法

作業員:2〜3名
鉄骨柱の最上部まで登ってシャックルなどの玉掛けを外していたために、危険な作業となり、時間のロス・墜落事故など、災害の発生する危険性が高いといわれています。

コラムロックを使用した方法

作業員:1名
コラムロックの「玉掛け外し」は遠隔操作方式ですので常に安全な位置から短時間で作業できます。
(操作用ワイヤは3tは10m、5t以上は16m)

絶縁スイベル

コラムロック/絶縁スイベル、二重安全ロック機構

誘導電圧による感電事故を防止する200V絶縁スイベルが装備されています。
工事現場周辺のマイクロウェーブなどによる高所作業場で多発する感電事故、及び感電による墜落事故から作業者を守ります。

二重安全ロック機構

セットピンの外れを防止する2つの機構。

ストッパープレート

セットピンを本体両サイドから固定し開口部の開きを防止します。

固定スプリング

万一、作業中に誤って、セットピンのロックが外れても、セットピンがすぐに抜けるのを防止します。

チェーンエコライザー、コラムロック操作手順

1.チェーンエコライザー、コラムロックのセット

  1. チェーンエコライザー、コラムロックをクレーンフックに引掛けて吊り上げる。
  2. ヤードの鉄骨柱頭部にコラムロックを近づける。

2.玉掛け作業

作業の概要

  1. コラムロックをアイプレートに差し込む
  2. アイプレートにセットピンを最後まで挿入する
  3. 複数の場合は1〜2を繰り返す

コラムロック玉掛け操作方法

  1. ストッパープレートの黄色の操作ロープを 引っ張るとストッパープレートが引き上げられ、セットピンがフリーの状態になる。
  2. セットピンの青色の操作ロープを引っ張り、セットピンを横移動させ、吊りピースをコラムロックの開口部へ通します。
    吊りピースの穴にセットピンが貫通する事を目視で確認後、セットピンの操作ボルトを固定スプリング内に「カチッ」と音がするまで押込みます。
  3. ストッパープレートの凹面と、セットピンの凸面がロック状態になっているか、目視で再確認します。
    2と3により二重ロック機構がセットされました。

注意
セットピンをセットしたあと操作ロープを引っ張ると、ロックが解除する恐れがあり、大変危険な状態になりますのでしないでください。
ロック状態を再確認の上、鉄骨建方作業をしてください。

3.柱起こし作業

  1. 柱起こしの前に柱の根本にスリッパなどの当て物入れる。
  2. 柱の根本を滑らせないようにクレーンをゆっくり巻き上げる。
  3. 均等荷重の確認
    1つの鉄骨柱に対し、必ず2丁のコラムロックを使用しバランス良く吊り上げてください。

※ チェーンエコライザーの併用で、鉄骨柱をバランス良く吊り上げることができます。

4.位置合わせ仮結合

  1. 目的位置に方向マークを確かめ鉄骨柱を静かにセットする。
  2. 建入れを確かめアンカーボルトを平均に締め付ける。

5.玉掛け外し作業

作業の概要

  1. クレーンを少し巻き下げ、コラムロックを少したるませる。
  2. 安全な作業床から遠隔操作で、ロック装置を開放しピンを抜く。
  3. クレーンを巻き上げコラムロックと鉄骨柱を切り離す。

コラムロック玉掛け操作方法

クレーンを少したるませ、無負荷の状態を確認し、コラムロックの黄色の操作ロープを引っ張った状態で青色の操作ロープを引っ張ります。
青色の操作ロープを引く際、セットピンの操作ボルトが固定スプリングに保持されているため、多少強めに引いて玉掛けを外してください。

チェーンエコライザー仕様表

商品コード 234480 234481 234482
商品名 チェーンエコライザ6t チェーンエコライザ10t チェーンエコライザ20t
メーカー 象印チェンブロック
型式 CE-6 CE-10 CE-20
定格荷重 (t) 6 10 20
試験荷重 (t) 9 15 30
自重 (kg) 18 39 87
チェーン V10.0 V12.5 V20.0
全体寸法
(mm)
A 495 645 800
B 887 1085 1285
C 1,562 1,760 2,100
マスター
リンク
寸法 (mm)
D 190 240 250
E 110 140 150
F 25 34 40
ボディ寸法
(mm)
G 240 325 450
H 120 160 220
I 78 115 135
カップリング
寸法 (mm)
J 25 29 43
K 26 33 48
L 12 15 22
シャックル
寸法
(mm)
M 19 21 32
N 64 72 104
O 26 29 41

チェーンエコライザー寸法図

チェーンエコライザー寸法

コラムロック仕様表

商品コード 234485 234486 234487
商品名 コラムロック3t コラムロック5t コラムロック10t
メーカー 象印チェンブロック
型式 SF-3 SF-5 SF-10
定格荷重 (kg) 3 5 10
自重 (t) 4.8 9.5 19
寸法
(mm)
A 20 26 35
B 15 18 30
C 65 103 105
D 12 15 22
E 148 197 240
F 302 410 521
G 67 85 115
H 25 29 43
I 22 28 35
J 22 32 45
K 40 54 65
L 268 363 454

コラムロック寸法図

コラムロック寸法

鉄骨工事に欠かせないボルト締め付け工具

上へ戻る

クリーン環境下で必要な機材レンタルできます
チェーンブロック、レバーブロック、ジャッキなどの点検・定格荷重負荷試験承ります。
電動駆動式ローラーセット
弱酸性次亜塩素酸水溶液キエルキン