高所作業車の使用上の注意

資格について

作業床高さ2m以上10m未満の高所作業車の運転の業務に従事する方は高所作業車運転特別教育を、また作業床高さ10m以上の高所作業車の運転の業務に従事する方は、高所作業車運転技能講習を修了していなければなりません。

レントでは高所作業車の運転業務に必要な特別教育・運転技能講習を実施しております。詳しくは、「レント教習センター 技能講習&特別教育」ページにてご案内しております。

作業前の注意

  1. ヘルメット、安全帯を着用し、必ず機体本体に安全帯を装着してください。
  2. 積載荷重を厳守し、ゲージ(作業台)内またはバケット内は常に清掃し余分なものを載せないでください。
  3. 作業前に必ず始業点検(エンジンオイル・冷却水・燃料など)を実地し、安全装置が正常に作動する事を確認したうえで作業を始めてください。
  4. 機械は水平に設置してください(アウトリガーは最大限に張り出すこと)。
  5. 坂道での駐車および使用は避けるてください。
  6. 悪天候のときは使用を避けてください。
ヘルメット、安全帯を着用し、必ず機体本体に安全帯を装着。 機械は水平に設置すること(アウトリガーは最大限に張り出すこと) エンジンオイル・冷却水・燃料等を確認すること
ヘルメット、安全帯を着用し、必ず機体本体に安全帯を装着。 機械は水平に設置すること(アウトリガーは最大限に張り出すこと) エンジンオイル・冷却水・燃料等を確認すること
坂道での駐車及び使用は避けること 悪天候のときは使用を避けること
坂道での駐車および使用は避けること 悪天候のときは使用を避けること

作業中の注意

  1. ゲージ(作業台)またはバケットから乗り出したり、手すりに足をかけて作業しないでください。
  2. 作業中は常に周りの状況に気を配り、作業範囲に人を立ち入らせないでください。
  3. 安全装置を外したり、機械の能力以上の仕事をさせないでください。
  4. 機械に何らかの異常が認められた時は、すみやかに責任者に報告してください。
  5. レバー操作はゆっくりおこなってください。
  6. 上昇中(旋回中)は特に頭上に注意してください。
  7. 定格荷重を必ず守り作業をおこなってください。
レバー操作はゆっくりおこなうこと 上昇中(旋回中)は特に頭上に注意すること 定格荷重を必ず守ること
レバー操作はゆっくりおこなうこと 上昇中(旋回中)は特に頭上に注意すること 定格荷重を必ず守ること
豊富なランナップ、高所作業車のご紹介

上へ戻る

スカイマスター屈折型(作業床高さ30m)
超音波式噴霧器とキエルキン(弱酸性次亜塩素酸水溶液)で、お部屋まるごと空間除菌
レント教習センター:技能講習・特別教育・安全衛生教育
業務用お茶販売中