ニュース

2018年05月17日〜2020年03月31日 国土交通省「建設技術展示館」へバッテリー再生システム 出展のご案内

国土交通省「建設技術展示館」へバッテリー再生システム 出展のご案内

国土交通省 関東地方整備局「建設技術展示館」に、バッテリー再生システムを展示いたします

貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。この度レントは、国土交通省関東地方整備局「建設技術展示館」第14期展示に、バッテリー再生システム(BRS)を展示いたします。バッテリー再生システム(BRS)はバッテリーライフサイクルの最適化と保守整備業務の生産性向上を提供するソリューションです。そのコア技術BRSは劣化バッテリーを再利用可能な状態に回復する日本初の特許技術になります。近くまでお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

展示期間2018年5月17日(木)〜2020年3月31日(火)

約2年間にわたる常設展示となります。
初日 2018年5月17日は、「建設技術展示館」リニューアルオープン式典がおこなわれます。

展示場所国土交通省 関東地方整備局「建設技術展示館」

ブース番号:A6-2

〒270−2218 千葉県松戸市五香西6-12-1

開館日 :毎週火曜〜金曜の週4日開館
(祝祭日および年末年始は除く)
開館時間 :10:00〜16:00

入場無料

会場アクセス
東京駅→(JR京葉線快速(武蔵野線直通))→新八柱駅→
(バス「牧の原団地行」)牧の原小学校前→(徒歩2分)→建設技術展示館

出展件名 バッテリー再生技術を用いた保有蓄電池の運用期限管理 〜 蓄電池の運用コスト削減及び長寿命化 〜

特許技術BRSはより万全なバッテリー管理体制を構築し、
運用最適化に貢献します

定期的かつ正確なバッテリー劣化判定をおこない、最適な再生措置または交換対応することで、
トラブル防止・寿命最適化・点検省力化に効果を発揮します

展示内容1 据置型蓄電池(UPSなど)定期精密診断による期限管理のご提案

年に1回程度、セル単位の精密診断と保守整備を定期的に実施することで、常に適正状態を保ちます。
従来の点検体制を簡略化しても十分な機能維持が可能であるほか、BRS技術による再生対応・買い替え等の更新作業を最適化できます。

UPSバッテリ―再生

展示内容2 産業車両用バッテリー(フォークリフト等)可搬式バッテリー自動試験再生装置のレンタルご利用による期限管理のご提案

BRS技術による再生対応を定期的に実施することで、レントがレンタル商品としてご用意する可搬式バッテリー自動試験再生装置は、再生前充電能力の数値把握→バッテリー再生→回復後の数値把握を自動でおこないます。
お客様ご自身の手で、現場で再生処理を容易に実施できます。

産業車両用バッテリー再生

レンタル承ります!現場で再生処理を容易に実施 可搬式バッテリー自動試験再生装置

※写真は試作機です。 会場には実機のモックアップを展示

容易に移動可能幅広い現場で使える。軽量・コンパクトキャスター付

バッテリーの能力判定試験から再生まで1台の機器で自動でおこなえる

完全自動操作のため操作も簡単
3つのダイヤルを合わせて、スタートボタンを押すだけ
対象バッテリーの容量の幅が広い
100Ah(EB型高所作業車)から600Ah(大型カウンターフォークまで)
再生されたバッテリーの能力を数値化
日本工業規格(JIS)にほぼ準拠した規格にのっとり計測

上へ戻る