絵画コレクション

木々と糸杉
「木々と糸杉」
リトグラフ
サイズ 75×87

Roger Bonafe 〜ボナフェ〜

1932年 フランス・モンパリエに生まれる。
1960年 ギャルリー・ラリで初個展。これ以後、フランス各地で個展を開催。
1990年 初来日。東京芸術劇場にて個展。好評を博す。彼の出身である(地方)の魅力を残しつつ、パリの芸術家達に接することで更なるインスピレーションを得、彼独特のテクニックと表現を身につけて完成させた彼の作品は、、神秘的で哀愁に満ちた「内なる光の告白」とも言うべきものである。

狩り
「狩り」
リトグラフ
サイズ 53×65

Alain daniel Bonnec 〜ボネック〜

1952年及び、1955年にフランスのブルターニュに生まれた。ファインアートスクールに5年間在籍。
フランスのTV番組で紹介され、暖かみ溢れる彼の絵は広く愛されることとなった。
アートコレクションはパリ、ボルドー、カンヌ、シカゴ、ニューヨーク、ロスアンゼルス、サンフランシスコ、リオ、ブリュッセル、ベルリン、ミラノ、ミュンヘン、ソウル、東京、大阪、神戸など。

赤い椅子
「赤い椅子」
リトグラフ
サイズ 91×78

Pierre Boncompain 〜ボンコンパン〜

1938年 フランス南部ヴァランスに生まれる。
1959年 パリ装飾美術学校を主席で卒業。
1963年 パリ国立美術学校に学ぶ。コリウール賞受賞。
1970年 近代美術のシャルルバークマン賞において批評家大賞。
1977年 国際文化派遣段としてインドに赴く。
パリ、ニューヨークを初め背画く各地で個展。簡素な豊かさが格調ある彼の画風である。

TROPICAL GAZEBO
「TROPICAL GAZEBO」
リトグラフ
サイズ 85×90

Thomas Mcknight 〜マックナイト〜

1941年 アメリカ・カンザスのローレンスに生まれる。
1963年 コネチカットのウエズレイアン大学卒業後、コロンビア大学で美術史を学ぶ。
1986年 メトロポリタン美術館の永久保存作品に選ばれる。

花畑
「花畑」
リトグラフ
サイズ 70×79

Claude Manoukian 〜マヌキャン〜

1936年 フランス、オーボンヌ生まれ。パリ市国立高等美術学校で学ぶ。
1954年よりフランス各地の展覧会に出品。
1971年よりパリ、トゥールビル、サンドミニックで個展開催。
1978年、1979年 パリ・アンデパンタン展出品、独自の淡い色調と詩情あふれる画風が好評を博している。

幸せのステップ
「幸せのステップ」
リトグラフ
サイズ 81×68

Marie Para 〜マリーパラ〜

1954年 フランスに生まれ、10歳のときから絵をはじめた。パリ、ラ・グランドショウミエールのアカデミーシャンパンティエを卒業後、モンパルナスのアトリエ・リブロで修業。
1979年より、本格的な作家活動に入る。ナント市の水彩画展で1位。パリのラ・メゾンドール展でグランプリを獲得。ドウルダン市美術館の買上となる。育ちのよさと女性らしい感性で、彼女の周辺を巧みなテクニックで描き、パリのエスプリを見事に表現している。

バイオリンを持つ少女
「バイオリンを持つ少女」
リトグラフ
サイズ 93×71

Loppo Martines 〜マルチネス〜

1952年 フランスのブルターニュに生まれる。
8歳からローランの美術学校に学び、ベルサイユの美術学校を卒業。
パリのエスチャンヌの銅版画科へ2年間学ぶ。
1972年 ヨーロッパ銅版画展第一位となり、ローマへ留学。
1980年 アトリエ・マルチネスを開く。世界的に活躍を開始した。
パリ、ニューヨーク、ロサンゼルス、そして東京と、多くの展覧会を開催しつづけている。

恋する乙女
「恋する乙女」
リトグラフ
サイズ 91×74

Menguy 〜マンギー〜

1927年 パリに生まれる。少年時代パリ市経営夜学に通い後年素描講座/実技教授となる。
1957年 パリ在各サロンに継続出展。
1959年 リト処女出版。
1962年 証人作家展初出品テーマ「大路・小路」
1963年 ルシオン地方の開かれたクリマに魅了される。マンギースタイルの開眼期。
1964年 色刷リト処女出版。
1967年 サロン・ドトーヌ会員。
1968年 批評家賞受賞。
1968〜1979年 エマニュエルタビット画廊と専属契約。
1986年 ソシエテナショナルデボザールのシャヴャンヌ大賞受賞。
1987〜1993年 フランス・日本展参加。
1990〜1993年 全サロン招待出品。
現在ソシエテナショナルデボザール協会副会長。

二人の想い
「二人の想い」
リトグラフ
サイズ 79×86

Dimitris Mytaras 〜ミタラス〜

1934年 ギリシャ・カルキス生まれ。 1953年から57年の間アテネ芸術大学に学び、61年から64年には政府の奨学金で舞台デザイン、室内装飾をそれぞれ学ぶ。 1975年 アテネ芸術大学の教授となる。 1990年 ニューヨークのメトロポリスアートギャラリーで個展を開き、ヨーロッパでも多くの受賞とともに個展も開催。生、死、回想、神話、夢などの起源を感じさせる具体的なイメージに満ち、ギリシャ精神が創作に係わっている。多くのコレクターはピカソの再来として期待している。

ブロバンスの小道
「ブロバンスの小道」
リトグラフ
サイズ 70×90

Michel Briante 〜ミッシェル・ブリアント〜

1948年 フランスの南東部に生まれる。両親の画家の影響で、幼い頃から絵を描き始める。
1971年 プロバンス風景画展金賞。
1976年 南仏美術展にて銅賞。プロバンスの明るい空と海の表現にすぐれ、その作風を愛するファンが多い

上へ戻る